住宅展示場でデートやプロポーズは、あり?なし?

先日、ラジオを聞いていたら、某ハウスメーカーのラジオCMで、女優さんが、

「●●●●です。住宅展示場デートはおすすめです。家って、その人との暮らしを想像しやすいじゃないですか。キッチンに立ってる姿とか。リビングでくつろぐ姿とか。私なら想像しちゃうなぁ。いいんですよ、展示場でプロポーズしたって。」

という内容のCMが流れていました。

住宅展示場デートは、デートする側には、

  • 新婚気分が味わえる。
  • インテリアショップのように楽しめる。
  • 同じ体験を共有できる。

という メリットがありますが、悪く言うと、

  • お金かかんない。
  • 結構時間潰せる。
  • なんか物がもらえたりする。

という、つくる側からしたら、ちょっと・・・かも。

いっその事、デートしたいカップルは、デートしたいカップルで集めちゃったほうがいいかもしれませんね。その方がいろいろとできそうな気がします。

また、木下工務店は、展示場でプロポーズというCMを作っていますね。

ゲストハウスウエディングを展開しているアニヴェルセルの、「プロポーズしたい・されるなら、どこで?」というアンケート結果が

住宅展示場でデートやプロポーズは、あり?なし? 住宅展示場でデートやプロポーズは、あり?なし?

ということのようです。どうやら、男性は「非日常」、女性は「日常」を求めているようです(笑)

住宅展示場でのプロポーズは日常?非日常?

展示場の外でのプロポーズはやはり「非日常」ですよね。百歩譲って、キッチンやリビングにいる時のプロポーズは「日常」ですかね。このCMを企画した人は、やはり男性?まぁ、日本人の性格上、赤の他人がいる手前で、プロポーズは少ないのでは(笑)

以前もブログに書きましたが、結婚しないと家は建てないので、結婚は住宅業界にとって重要なことです。でも、夫婦だからといって、必ずしも同じ暮らしの価値観とはかぎりません。住宅は、同じ暮らしの価値観同士をくっつける環境を作る最適な場だと思いますよ。

それにしても、このプロポーズのアンケート、男性が「非日常」、女性が「日常」という捉え方は、家づくりにも影響していますね。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。