自分の家、悪人につくってもらう?

料金所でお金がないから、娘の財布を横取り、そこから払った男が・・・。

 

大雪の中、道に迷った人に言葉が話せないふりをして応じない女が・・・。

 

ファーストフードを食べ終わって、ゴミを捨てようとするけど、なかなか捨てられないので、トレイごとゴミ箱へ葬る男が・・・。

そんなクズ人間な彼らが、広告賞を受賞するというCM映像です。これ、カナダのMarketing Magazineが主催するMarketing Award 2014の審査開始の広告なんですが、表現がとてもユニークです(笑)
簡単に言うと、映像の後半にあるように、

“We Only Judge Your Work”(私達はあなたの仕事だけを評価します)。

つまり、私たちはあなたがプライベートでどんな人であろうと、出来上がった広告という仕事だけを評価します。とのことなんです。

 

広告ならいいけど、住宅の場合はどう?

広告や音楽とかクリエイティブなものなら、たとえクズ人間(笑)でも、できあがったものが良ければ、その作品は良いと思っています。

昔、松本大洋原作・松田龍平主演の「青い春」や、脱獄犯を描いた「ナインソウルズ」、直木賞作家・角田光代の原作で、主演に小泉今日子を迎えた『空中庭園』など、すごくいい映画を撮る監督がいましたが、「空中庭園」撮影後、覚せい剤取締法違反(所持)で逮捕されたことがありました。

映画はすごくイイんですよ。「青い春」はいまだに好きな作品です。

自分の家、悪人につくってもらう?

青い春

 

さて、住宅の場合ですが・・・やはり、イヤですね。

極端な話、目が死んでる人に、自分の家を建ててほしくはないですよね。心がない人に、自分の家を建ててほしくはないですよね。家のことが好きで、楽しく一緒につくろうとしてくれる方を私は好みますね。もちろん、それは嫌だっていう人もいます。

でも、会社の評価って、契約棟数ですからね。同じように、娘の財布を横取りしようが、不親切だろうが、仕事の評価には関係ないのです(苦笑)

ところが、最近、そういった「人間性」にお客さん側も気付き始めていて、

「担当変えてもらえませんか?」とか、
「デザインは好きなんだけど、あなたにはつくってほしくない。」とか、

ニュアンスは違えど、言う方も増えてきてるようです。

ライフスタイルだけではなく、担当者ということも含め、精神的な充実を求めてきているようですね。「変えてもらえませんか?」って、言ってもらえるだけ、まだマシかもしれません。気付くことができるから。

ダメな部分、ドジな部分のある人間臭さは、昔から受け入れられていますが、心ないクズ人間は、今も昔も受け入れられないですよ。

 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。