爆笑と感動と衝撃の青春林業エンタテインメント!映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜』

「ウォーターボーイズ」や「スゥイングガールズ」の矢口史靖監督最新作が面白そうです。矢口監督は、いつも取り上げるテーマがユニークなのですが、次に選んだのは、なんと“林業”です!

www_woodjob_jp

映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜』

監督・脚本: 矢口史靖
原作: 「神去なあなあ日常」三浦しをん著 (徳間書店刊)
出演: 染谷将太 / 長澤まさみ / 伊藤英明 他

5月10日より全国のイオンシネマにてロードショーされる予定です。

木材利用ポイントともコラボレーションしています。

あらすじは、

林業に青春をかける一人の若者の成長物語を軸に、コミカルなシーンに笑い、ダイナミックなクライマックスに手に汗握り、人間と自然が織り成す温かなエンディングに大感動! 現代の閉塞感をぶっ飛ばし、生きる勇気がふつふつと湧いてくるエンタテインメント超大作!

ストーリーは、

毎日お気楽に過ごしていた、チャランポランな男子・勇気(染谷将太)は、大学受験に失敗、彼女にもフラれ、散々な状態で高校の卒業式を迎える。そんな時、ふと目にしたパンフレットの表紙でほほ笑む美女につられ、街から逃げ出すように1年間の林業研修プログラムに参加することに。 ローカル線を乗り継ぎ降り立ったのは、ケータイの電波も届かぬ“超”が付くほどの田舎・神去村。鹿やら蛇やら虫だらけの山、同じ人間とは思えないほど凶暴で野生的な先輩・ヨキ(伊藤英明)、命がいくつあっても足りない過酷な林業の現場…。耐えきれず逃げ出そうとする勇気だったが、例の表紙の美女・直紀(長澤まさみ)が村に住んでいると知り、留まる事を決意するが…。休む間もなくやってくる新体験、野趣あふれる田舎暮らし、とてつもなく魅力的な村人に囲まれ、勇気は少しずつ変化してゆく――。

果たして、勇気と直紀の恋の行方は?
無事に生きて帰れるのか!?

矢口監督と林芳正農林水産大臣の対談記事も公開されています。

www_woodjob_jp

対談は動画でもあります。

この映画で林業希望者が増えてくれるといいですね。また、撮影場所が気になりますが、調べると・・・三重県津市美杉町のようですね。公開は少し先ですが、要チェックです。

・・・というより、

国産材で、木造住宅を建ててる会社は、もっと応援すべきなのでは?と感じています。木材ポイントとコラボしているので、農林水産大臣も応援しているようですし。

さらには、宣伝として利用してみてはいかがでしょう?

家の柱や梁となる木材が、どのようにしてつくられているのか?どれだけ手がかかっている材料なのか。映画が代わりに伝えてくれるのです。チケットまとめ買いして、配るぐらいしても100枚買っても15万円です。まぁ、そこまでしなくても、おススメはするべきですよ。

節が小さくて少ないきれいな材料は、こまめに枝打ちしてくれているおかげなわけですし、質の高い国産材は、林業者いなければ成り立たないですよね。住宅に関連した仕事を、一般の方に知ってもらういい機会だと思いますよ。

 

神去なあなあ日常 (徳間文庫)

神去なあなあ日常 (徳間文庫)

  • 作者:三浦 しをん
  • 出版社:徳間書店
  • 発売日: 2012-09-07

 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。