住宅建築の思い立ち〜依頼先決定まで「夫」が主導 イエノミカタプロジェクト調査|新建ハウジング

ienomikata_com_report_2

 住宅メーカー9社で住宅購入に関する情報提供を行う「イエノミカタプロジェクト」は、3年以内に注文住宅を建築した1271人を対象に、住宅建築検討時の家族間コミュニケーションについて調査した。調査期間は1月31日〜2月3日。

住宅建築を思い立ったときから依頼先を決定するまでの4段階における主導者をたずねたところ、すべての段階で「夫」が「妻」を上回った。住宅の建築を思い立った人では、「夫」(57.6%)が「妻」(28%)の2倍超に。ただし、妻の親と同居している世帯では「妻」が思い立つ割合が4割にのぼった 。
依頼先の最終決定者を聞くと、「夫」が72.3%だったのに対し「妻」は19.7%にとどまった。|新建ハウジング

大手ハウスメーカーの住宅を選ぶ層は、夫がそれなりに稼いでいる方ですよね。夫の収入でローンを組むわけですから、決定権持ってないほうがおかしいですよ。また、知名度のある大手に頼むってことは、他人からどう見えるのかを気にしている傾向もありますよね。体裁上、亭主関白でないと・・・

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。