当主不在!どうした!?金剛組

西暦578年の創業と伝わり、帝国データバンクが「把握する限り日本最古の企業」と説明している金剛組ですが、以前もブログに書かせてもらいました。

1400年の宮大工の技をもってしても潰れてしまうのは何故?

金剛組が経営危機に陥りった理由としては、マンションやオフィスビルの建設などに手を広げた結果、負債が増大、存続が危ぶまれたと言われています。「社寺仏閣だけに特化してれば・・・」という声もありますが、あくまで結果論ですよね。

経営危機後、高松建設の子会社となった今、昨年10月28日、39代目金剛利隆さんが後継者不在のまま89歳で死去してしまい、当主が不在のまま、宮大工たちが1年の安全を祈る神事「手斧始め」が挙行されたとのこと。

相談役の植松さんは「当主不在は長い歴史に比べたらほんの1ページ。ふさわしい40代目が現れるまで技術と伝統を預かっていく」と決意している。

創業1400年、金剛組に異変 「最古の企業」当主不在 (朝日新聞)

それにしても、宮大工って儲からないのでしょうか?ビジネスとして成り立たないのでしょうか?

建物(国の文化財など)の手入れなど、長く持たせるために必ずしなくてはいけないことがあるから、手堅い仕事と思うのですが・・・下請け孫請け構造になってるんですかね・・・

当主不在!どうした!?金剛組

タイトル ブラックジャックによろしく
著作者名 佐藤秀峰
サイト名 漫画 on web

「どうした!?金剛組」と言わんばかりですが、金剛組を検索すると、

などの長寿企業のイメージでの取り上げが多いです。

でも、私の中では長寿企業の象徴より、「いいものをつくるだけでは売れない」という象徴になっていますよ(笑)

 


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。