男女の脳の違いからくる住宅の広告・集客

男女の脳の違いからくる住宅の広告・集客

アメリカの学者の研究で、「男女の相違は脳構造の違いにあることが解明」され、男女はまるで「異なる種」と言えるほど違うようです。

男女の違いを分かりやすくリストにしたものが以下の通りです。

【男性の特徴】

1: 男性は理論的で、情報処理や空間能力に長けている。男性が地図や青写真、組み立てマニュアルを見ると、決断力と集中力、視覚化をつかさどる脳の部分が活発に働き、図を早く理解することができるのだ。

2: 感情や記憶を制する大脳辺縁系が不活発な男性は、人の表情や感情を読み取るのが苦手だ。女性は、目を見ただけでも相手の気持ちを察することができるが、男性にはとても無理な芸当なのである。

3: ストレスに反応する扁桃体(へんとうたい)は、脳の左右に位置する。男性はストレスを感じると、怒りに反応しやすい右側の扁桃体が活発になるため、運動をして発散させたり独りになりたがる。反対に女性はストレスと感じると、感情に反応する左の扁桃体が活発になるので、女友達とお喋りに講じるのである。

【女性の特徴】

1: 女性の脳構造は、感情を読み取ることに長け直感的だ。赤ちゃんの泣き方で、オムツが濡れているのかお腹が空いているのか違いを判断することができる。

2: 左右への脳神経の結合が強い女性の脳は、複数のことを同時進行させることが得意である。反対に男性の脳は、主にひとつのことにしか集中できない構造になっている。

3: 女性の脳は男性よりも8パーセント小さいが、高度に網羅した神経組織により、少ないエネルギーで複雑な仕事を能率的にこなすことができるのだ。

引用元:なぜ男女はこんなに違うのか? その答えは脳構造の違いにあることが判明

これを住宅の広告や集客に活かすのであれば、

男性に対しては、

  • 一枚のインパクトのある写真で訴求したり、
  • 人が写っていない、デザイン性の高い建築写真で訴求したり、
  • キャッチコピーなど文章は、性能や機能面を論理的に訴求したり、

が有効的なのではないでしょうか。

また、女性に対しては、

  • 複数の様々なイメージ写真で訴求したり、
  • 子どもや赤ちゃんがいるような、家族やコミュニティが感じられるもので訴求したり、
  • ライフスタイルが想像できる感情的な文章で訴求したり、

が有効的なのではないでしょうか。最近、この手の広告が増えてきましたね。

欲張りに両方をというよりは、どちらかに絞って、パンチ力を高めたほうがいいです。

チラシやカタログなどを制作する際も、男性がつくると論理的な感じになりやすく、女性がつくると感情的な感じになりやすいのは、脳からきている部分が大きいのでしょうね。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

    「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。