デザイン住宅が頭打ちになってきている

デザイン住宅が頭打ちになってきている

「そろそろデザイン住宅が頭打ちになってきている」と思っている最中、

ifs未来研究所所長の川島 蓉子さんと、MITメディアラボ副所長・石井裕さんの対談「デザインという古い枠は死んだ!」が非常に興味深い内容だったので、一部、引用させていただいてます。

石井:つまりですね、「デザイン」とはカッコいいとカッコ悪いだとか、そんなモノの外身の話でとどまる概念ではないんです。逆に言えば、古いデザインの枠組みはとっくに死んでいる。だってそうでしょう? まだ十分に流通できる製品をさっさと捨てさせて、次の新製品を買わせるために、「皮だけとっかえて」消費者の欲望に火をつける。かつてのデザインは、そんな側面がありました。

川島:たしかに。「新しいデザイン」だから買う、というのは消費者の心理としてはごく一般的です。

石井:でも、これだけモノが溢れている現代において、画期的な技術革新やサービス革新も盛り込まれていないのに、「デザインだけ新しくした製品」を出して、消費を煽る、という消費サイクルそのものがもはや時代遅れです。

デザインという古い枠は死んだ!

石井:モノが余って消費者が成熟した先進国の間では、「デザインで差異化をして売る」というマーケティングが、そろそろ通用しなくなっています。

「デザインで差異化」はもう通用しない

ズバッとぶった切っていますね。

まさにその通りで、ここ最近、「デザインで差異化をして売る」が、通用しなくなってきています。

 

住宅もモノをデザインする時代は終わり

 

住宅業界も、「デザインが大切だ」「デザインが勝負を決める」ということが言われるようになってきましたが、結局のところ、住宅を商品で捉えているため、

「もっと高機能・高性能で」
「もうちょっと安く」
「似た感じの間取りで」

といった「モノのデザインを良くしよう」ってところでとどまっています。

これでは、デザイン住宅が頭打ちなってきているのもうなずけます。

 

石井さんは、対談の中で、

未来に対するビジョンを具現化する力、それが「デザイン」です。

と話しています。

私も以前、ブログに書きましたが、もうデザインはモノの次元ではないですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。


 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。