工務店集客の次元ではない南相馬市

少し前になりますが、仕事絡みで福島県の南相馬市に行ってきました。

福島県の二本松辺りから、まだ避難区域である飯舘村を通り、南相馬市へというルートです。

工務店集客の次元ではない南相馬市 工務店集客の次元ではない南相馬市
工務店集客の次元ではない南相馬市 工務店集客の次元ではない南相馬市

津波で流され、残った基礎の上に、ボロボロの土台がアンカーボルトで留まっていたり、建物の1階部分が津波で壊れたままになっていたり、まだまだ傷後が癒えていないですね・・・というより、ある程度片付いたから、そのままって感じです。優先している方へチカラを注いでいるとからでしょうか。

家は建てたいけど、土地がない

工務店集客の次元ではない南相馬市 工務店集客の次元ではない南相馬市 工務店集客の次元ではない南相馬市 工務店集客の次元ではない南相馬市

現地の情報を聞くと、

  • 南の方は、まだ除染区域。
  • 地元の銀行勤めの方でも、土地の情報が回ってこない。
  • 全国展開している坪40万円代住宅メーカでも、坪60万円ほどになる。
  • 着工に2年待ちとからしい・・・
  • 土地を新しく造成しているのは、津波で流された人のみが購入対象。

同情したくなる気持ちもわかるが、現実は複雑。

工務店集客の次元ではない南相馬市

実際、これだけのお金が動いているというわけ。だから働かない人もいるようだし、「足元見やがって、なんで坪40万円でできないんだ!」と、被害者意識が強い人もいる。また、こういったお金を目当てに業者は、あれこれ考えている。

「この場所から幸せを感じられない・・・」

これが素直な感想です。

何のための住宅なのか、作り手も住まい手ももう一度見なおさない限り、この場所に家なんて建てるべきじゃない。より不幸になるだけだ。

何かがズレてしまっています・・・

工務店集客の次元ではない南相馬市

良心をもたない人たち (草思社文庫)

  • 作者:マーサ スタウト
  • 出版社:草思社
  • 発売日: 2012-10-04


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。