今の家づくりは400年に一度の大仕事!

日本の住宅建築は400年ごとに革新を遂げてきていると言われています。歴史を振り返るとわかりやすいのですが、

 

■西暦元年の頃は竪穴式住居

今の家づくりは400年に一度の大仕事!

竪穴式住居(復元、吉野ヶ里遺跡)

 

■西暦400年に高床式住居に移ります

竪穴の湿気の多い不衛生な環境から、乾燥した通風のよい快適な高床式住居への移行をしています。倉庫から住居のようですね。

今の家づくりは400年に一度の大仕事!

高床式倉庫(復元、吉野ヶ里遺跡)

 

■西暦800年になると、寝殿造りが盛んに

宗教が伝来し、宗教心も高まり、神社仏閣が数多くつくられるようになります。それが住宅建築のモデルとなり、後の寝殿造りとなっています。

今の家づくりは400年に一度の大仕事!

「えさし藤原の郷」に復元された伽羅御所

 

■西暦1200年には、戦国時代に突入

戦火で焼け落ちない耐火性の強さなどを求められ、白壁や瓦を使った、武士の家としての武家造り。別名「書院造り」が住宅のモデルとなります。

今の家づくりは400年に一度の大仕事!

慈照寺東求堂

 

■平和な時代の西暦1600年になると、

千利休らの影響もあり、わび、さびを基調とした「数寄屋造り」が生まれます。今で言う在来木造軸組み工法ですね。

今の家づくりは400年に一度の大仕事!

住宅の数寄屋風床の間(小泉八雲旧居)

 

ここまでのこの話、建築家の菊竹清訓氏が説いている話なんです。

菊竹氏はこの後、

「日本型住宅が21世紀の世界の理想住宅となる」

と述べていますが、「日本型住宅」という表現が抽象的で、なかなかイメージがわきませんよね(苦笑)

2000年代に入り、この次なる革新を・・・

  • とある方は、「パネル工法」とおしゃっていました。
  • とある方は、「200年住宅」とおっしゃっていました。
  • とある方は、「建築家との家づくり」とおっしゃっていました。

さて、あなたはどんな風にお考えでしょうか?

 

普遍的な資源 『人・物・金』

「人・物・金」の3つは、大切な経営資源であり、事業の要素とも呼ばれます。事業を成功に導くためには、これらの要素が欠けてはならないと言われています。これに関連してか、近代の家づくりにおいても、「人・物・金」がキーになっているのです。

戦前の家づくりは、紹介や人づてによる地域の職人さんによって建てられています。つまりは「人」です。

その後、戦後の住宅不足で、一定の品質を持った供給力が求められ、ハウスメーカーが頭角をあらわしてきます。つまりは、「物」にシフトしていくのです。機能や性能を求めているため、多少、営業マンがゴリ押ししても売れる時代が続くのです。

そして、どこで建ててもある一定の品質が担保されるようになると、次は、価格に注目が浴びてくるのです。ローコスト住宅、つまりは、「金」にシフトしていきます。坪○○万円や1000万円台、1000万円をきる住宅も出てきました。

ここまでを振り返るとわかりやすいのですが、

人 ⇒ 物 ⇒ 金

という流れできています。

勢いのあったローコスト住宅も今は、落ち着いています。これは「金」から、次へと移ってきているのです。

 

次は『人』の時代

今、家づくりを考えている30歳前後、30代の世代は、説得されるより、納得して建てたい世代でもあります。設計事務所の依頼する方なら、こだわりも強い方が多いため、なおのこと「納得したい」ですよね。

納得する上で重要になってくるのが、「信頼」です。

今や情報過多の時代であり、受け手側も、どこからの情報をどう処理していいかが、わかりにくくなっています。

そんな時代だからこそ、

”何を言うかではなく、誰が言うか。”

これが大事になります。つまり、いかに信頼を獲得するかが大事になります。

同じように、建売・マンション・工務店、ハウスメーカー・設計事務所など、住まいひとつとっても、切り口がたくさんあります。そして、住まいの情報も、今や山ほど公開されています。

だからこそ、

”何を建てるのかではなく、誰に建ててほしいのか”

であり、「人」や「考え方」に共感し、信頼し、そして、依頼していきますね。時代はまわると言われますが、「金」⇒「人」へ循環しているのです。

 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。