ファンが支えている企画住宅

久々に無印の家が、
新しい展開をしています。

「縦の家」ということで、
狭小地に絞ってきましたね。

無印の家は、
典型的な企画住宅なので、

ベンチマークにもされています。

井内も、「木の家」が発表された時は、
「こういう家をマネしたい」
なんて思ってた気がします(笑)

そんな無印の家も、

事業開始初年度は、
着工棟数が年間1棟なんて、
噂も聞いたことがあります。

当初は家が売れず、
モデルハウス内に飾っていた
無印良品の小物が売れていった…

とも聞いています。

たしか、まだIKEAが
日本に進出する前でしたね…

ブログにも書いていますが、

見逃してはいけないのが、

”無印良品の家は、
ムジラーに支えられている。”

ということ。

無印良品を愛する熱狂的な
信者のチカラは大きいですよ。

無印からしてみても、

小物類で獲得した、
同じ方向性の顧客リストを
沢山もっているわけですから

そこの対して、訴求する方が、
まっさらな新規客にアプローチするより、
効率がいいですよね。

さらに、

元々、モノから始まっていますから、

無印って、家をこんな風に
考えているのではないでしょうか。

続きはこちら

⇒ https://dtoac.com/blog/20140429/6967

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。