建築・建設系ドメイン「.build」が開始。

建築・建設系ドメイン「.build」が開始。

 「.moe」、「.ninja」、「.みんな」、戦隊系ドメイン(「.red」、「.blue」、「.pink」)など、126種類(※2014年4月28日現在)の新gTLDを販売中の株式会社インターリンク(東京都豊島区、代表取締役:横山正、以下インターリンク)は、「.build」の一般登録受付を4月29日(火)午前1時より開始致します。

【 .build 】
■登録料金  10,800円 (1年、税込)
■申込・詳細ページ http://www.gonbei.jp/reg/domain_detail.cgi?p1=build

建築・建設系ドメイン「.build」の一般登録受付を4/29午前1時より受付開始。現在、126種類の新gTLDをオンライン申請可能です。

最近、「.tokyo」「.nagoya」「.みんな」とか、サイトのイメージに合うようにと、ドメイン名にも絞り込みが現れていますね。

 

「お名前.com」よく見かける一般的なドメインだと1年で500~700円ほどですが、

建築・建設系ドメイン「.build」が開始。
建築・建設系ドメイン「.build」が開始。

「.tokyo」「.nagoya」「.みんな」などだと、やはりちょっと値段は高くなりますね。「.build」で1年1万円ですから。

 

ホームページのイメージに合わせて、どうしても取得したいならいいでしょうが、無理に飛びつく必要もなさそうですね。

 

ちなみに名古屋「.nagoya」には、SKE48がCMで宣伝しています。

ということは、名古屋に需要があると見込んでいるのかもしれませんね。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。