なぜ自分らしい暮らしを求めているのか?

なぜ自分らしい暮らしを求めているのか?
やっぱりこのドラマ好きですね。ベタで(笑)

「リッチマン,プアウーマン」

時価総額3,000億円のITベンチャー企業の物語は、二転三転する展開に、オシャレとイケメンと恋愛要素がある典型的ドラマなので、わかりやすい内容で、観るとモチベーションが上がります。

なぜ自分らしい暮らしを求めているのか?

 

以前も取り上げましたが、リッチマン、プアウーマンの名言で好きなのは、

『グラハム・ベルという男は、なぜ電話を作った?
事実はわからない。でも、ぼくはこう思う。

遠くにいる恋人の声が聞きたかった。
それか、心配ばかりする母親に無事を知らせて安心させたかった。

メールに写真をつける機能だって同じだ。
離れてる人と同じものを見て、一緒に笑ったり、喜んだりしたい。
そう思ったから作ったはずだ。

ITの中心には、いつも人間がいるんだ。
ぼくらの仕事は、たぶん大切な人を思うことから始まるんだ。

ですね。

その他にも、

新しいことをやろうとすれば、かならず失敗する。かならず非難される。でも、モノ作りは…そこから始まるんだ。

昨日、驚いたことで、今日、人はもう驚かない。

今ここにない未来は自分で創る

指示された仕事のその先まで出来て完璧というんだ。

誰でも普通に使える。そういうものを最高というんだ。

きついから楽な方を選びたい。素直にそういえばいいじゃないか。
もっともらしい理由をつけるのは、困難から逃げてる自分たちを正当化したいだけだろう。

人に近づきすぎれば、心を乱される。嫌な自分にもなる。
それも含めて相手を受け入れる。
それが誰かと一緒にいるということではないでしょうか。

先の見えない苦痛な仕事を
たんたんとこなせる人ほど優秀なんだ。

本気でやるなら、妥協だって戦略だ。

未来を作るのは、変わっていけることを楽しめる人間だ。

革新という言葉を聞いて、まず何を思い浮かべますか?
僕らは閉塞した時代に生まれた、運の悪い子供たちではない。
今は不可能が可能になる。
絶対と思われていた古い価値観を、たった一人の手で、それも1日で壊し、変えることができる。

常識?ああ、凡人が仲良く生きるためのルールのことか。

などなど、挙げたらまだまだあるのですが、
その中でも「なるほど」と思ったのが、

自分らしくいたい。というのはつまり、過去の自分を甘やかして楽をしている。そう。臆病者の考えだ。

自分らしく=楽をしたい!?

家を建てる大半の方が働いており、職場の上司・部下・同僚、取引先、見知らぬ迷惑な人、時間、お金など…外では背伸びをしたり、無理をしたり、戦っていることが多いですよね。

だから、せめて自分の家では、「甘えたい」「楽をしたい」という部分がでてくるのかもしれませんね。それが、「自分らしい暮らし」へと繋がるようですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。