工務店が伝えるべき「おとなのかがく」

この5月3日よりロードショーの「おとなのかがく」がオススメです。

otona_slide_01

おとなのかがく

 

風力で動作するストランドビーストで有名なオランダのアーティスト「テオ・ヤンセン」のをご存知でしょうか?

melbourne-1-298x300

http://theojansen.net/

 

ストランドビーストとはこれです。

(DVD Theo Jansen “Strandbeest” / テオ・ヤンセン 「ストランドビースト」)

 

その鬼才による巨大オブジェのミニチュアが、以前、人気の雑誌「大人の科学マガジン」(学研教育出版)の付録になったのですが、

magaimg magaimg

 

(改造版テオ・ヤンセン Theo Jansen のミニビースト 大人の科学M Vol.30)

 

映画「おとなのかがく」は、それに至るまでの過程を追ったドキュメンタリー映画なのです。

試作屋とか中国・台湾の工場技術者とか、『たかが「ふろく」』とは言えないくらい、精巧かつ複雑な製品が「できるまで」の多くの職人魂を感じることができる映画ですよ。

 

(「おとなのかがく」 予告編)

 

工務店や設計事務所で働く方の中には、子供の頃から「ものづくりが好き」「デザインをすることが好き」で、という方もいると思います。そういった、ものづくりの気持ちをもう一度奮い立たせてくれそうです。

上映は、東京・渋谷ユーロスペースとちょっとマニアックなところですが、お時間ある時にでも観てみてください。

 

 

こどもたちに家をつくる楽しさを伝えるべき。

 

13歳のハローワーク公式サイトに人気職業ランキングがあるのですが、建築家が34位で、大工が77位です。(2014年4月1日~4月30日)

建築家は、安藤忠雄さんとか隈研吾さんとか、住宅系とは少し離れた存在が大きいと思います。

 

思ったより低くて、悲しいですよね。中には、家づくりを経ている子もいると思いますが…

 

もっと家づくりに子どもたちを巻き込むべきですよね。もしかしたら、家は誰が建てているかを知らない子もいるのではないでしょか。

家づくりを体験した子どもが、将来たとえ住宅の仕事につかなかったとしても、子どもの時の家づくりの経験が何らか影響してくれるのであれば、嬉しいものです。

 

家づくりは大人だけのものではない。

 

そこに、工務店が伝えるべき「おとなのかがく」があるのではないでしょうか。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。