どうやって家ができているのか知りませんでした。

身近で建築系の仕事をしている
父と祖父、叔父がいながら、

どうやって家ができているのか?

なんて、住宅業界に入るまで
知りませんでした(笑)

木造なのに何で
コンクリートがあるんだ???
(基礎の部分)

なんて思ってたぐらい無知でした。

きっと興味がなかったのでしょう(笑)

でも、これが一般の方が感じている
現状だと思っています。

実は、家づくりって、

小難しい話がいっぱいあったり、
現実的なローンと向き合ったり、
家族内で話がまとまらなかったり、

など、一般の方だけでは、
なかなか楽しめない部分の方が
多かったりします。

だからこそ、

「ものづくりの楽しさ」

って必要なんだと思っています。

そして、

その辺りを上手く引き出したり、
演出したりして、導くのが、

家づくりのプロ

って気がしています。

正直、ものづくりの楽しさがないと、
つまらない家づくりになりますよね。

スタディ模型だって、

ただカタチを確認するだけのものなら、
使い捨てです。

でも、そこに、

家づくりが進むと同時に、
模型もだんだんと装飾されるなら、

最終的には、施主が
アクリルケースに入れてくれて、
大事にしてくれるかもしれません。

「ものづくりの楽しさ」はなくても、
契約は契約で、1棟なのでしょうが、

あった方が、

家づくりを体験している
子どもたちにとっては、

いい影響を与える
のではないでしょうか?

大人になって、
テオ・ヤンセンの作品展に行った時、

子ども時代に
こんなすごいものを見れる

周りにいた子どもたちが
羨ましかったですよ。

⇒ https://dtoac.com/blog/20140506/7254

工務店・リフォーム店向け/新規客を引き寄せるVIP顧客の集め方

このレポートに書かれてある方法を試してみてください。これであなたも集客成果を変えることができます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

主に(目安:注文住宅5~10棟+リフォーム&リノベーションの安定的な受注を目指す、売上3億未満の工務店経営者向け)に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住。