世界に負けてない日本のプレハブ住宅

日本では住宅おいて、プレハブという言葉はあまり聞かなくなりましたが、海外では、一世紀も前から存在する建築工法なんですね。

住宅の部品の大部分を工場で組み立て、目的地へと出荷する。というこのプレハブ工法は、海外では建築やデザイン業界で結構熱いようですね。ドイツの出版社からは、プレハブ住宅の歴史を振り返る大判本が発売されるようです。

世界のプレハブ住宅が、情報サイトGizmodeで取り上げられていましたので、日本のプレハブ住宅と、簡単に比較してみました。

 

Kupferhaus(1929)

世界に負けてない日本のプレハブ住宅

 

Techbuilt House(1956)

世界に負けてない日本のプレハブ住宅

 

Maison “Bulle” a Six Coques(1964)

世界に負けてない日本のプレハブ住宅

 

Futuro(1968)

世界に負けてない日本のプレハブ住宅

 

Kunsthoffhaus FG2000(1970)

世界に負けてない日本のプレハブ住宅

 

Easy Domes(1992)

世界に負けてない日本のプレハブ住宅

 

WeeHouse(2003)

世界に負けてない日本のプレハブ住宅

 

Livinghome RK1(2006)

世界に負けてない日本のプレハブ住宅

 

The Loftcube(2007)

世界に負けてない日本のプレハブ住宅

歴史上のスタイリッシュなプレハブ住宅9選 gizmodo.jp

source: Taschen via Co.Design

Adam Clark Estes – Gizmodo US[原文

 

日本のプレハブ住宅も負けていない!

上記の海外のプレハブ住宅も良いですが、日本のプレハブ住宅も負けてないと思います。

おすすめ本「箱の産業」に出てくるプレハブ住宅を取り上げてみますね。

世界に負けてない日本のプレハブ住宅

『箱の産業―プレハブ住宅技術者たちの証言』

 

大和ハウス ミゼットハウス(1959)

世界に負けてない日本のプレハブ住宅

ミゼットハウス

画像:大和ハウス

 

大和ハウス ダイワハウスA型(1962)

世界に負けてない日本のプレハブ住宅

ダイワハウスA型

画像:大和ハウス

 

積水ハウス 積水ハウスA型(1960)

世界に負けてない日本のプレハブ住宅

積水ハウスA型

画像:昭和毎日

 

積水ハウス 積水ハウスB型(1961)

世界に負けてない日本のプレハブ住宅

積水ハウスB型

画像:日本のミッドセンチュリー平屋?「セキスイハウスB型」

 

パナホーム 松下1号型(1961)

世界に負けてない日本のプレハブ住宅

松下1号型

画像:パナホーム

 

ミサワホーム ミサワホームフリーサイズ(1963)

世界に負けてない日本のプレハブ住宅

ミサワホームフリーサイズ

画像:ミサワホーム

 

ヘーベルハウス ヘーベルハウスD・Eシリーズ(1972)

世界に負けてない日本のプレハブ住宅

ヘーベルハウスD・Eシリーズ

画像:ヘーベルハウス

 

積水化学工業 セキスイハイムM1(1971)

世界に負けてない日本のプレハブ住宅

セキスイハイムM1

画像:積水ハイム

 

トヨタホーム トヨタホームJA型(1977)

世界に負けてない日本のプレハブ住宅

トヨタホームJA型

画像:トヨタホーム

 

意匠の海外、性能の日本

近年の日本のプレハブ住宅は割愛しますが、時代が経つにつれて、日本は機能・性能を求め、海外は意匠性を求めている傾向がありますね。デザインは圧倒的に海外の方がいいです。

日本のプレハブ住宅で個人的に好きなのは、これです。台風で屋根が吹っ飛んだという、

ミサワホーム ホームコア(1969)

世界に負けてない日本のプレハブ住宅

ホームコア

画像:ミサワホーム

 

海外では、低コストで環境にも優しい上、輸送も簡単で、家ごと新しい土地に引っ越せて便利なため、人気が高いようです。

新たなプレハブ住宅が21世紀の住まいのヒントになるかもしれませんね。

 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。