住宅の仕事は2020年になくなるのだろうか?

週刊現代で取り上げられていた
「2020年になくなる仕事」が、
非常に興味深かったので、

ブログでも取り上げみました。

⇒ https://dtoac.com/blog/20140518/7592

いろんな仕事ありますが、
なくなるまででないにしても、
確実に減少はしていってますよね。

勝手に、住宅業界の今後を予測すると…

少人数先鋭のチームが
増えてくると思われます。

1社1業種にこだわらず、
関連した事業を複数展開し、
家づくりにも活かしたりできる、

レベルの高い人達が増えてきそうです。

また、異業種からの参入もありえます。

他の仕事でも、現在の仕事の先に、
「暮らし」が関連していたりすると、
「家づくり」に辿り着きそうです。

無印が住宅事業に、
手を出してきたように、

結婚式場を運営している会社も、
家づくりを始めてたりします。

資金源のある会社が、
スポンサー提携してきたり、もしくは、
買収したりするかもしれません。

なにぶん住宅事業の
ネックになるのが、

”建設業”の許可ですから・・・

これまで住宅の仕事に
携わってきて感じたのは、

住宅業界においては、
今の50代、60代が一線を退いた時、
かなり大きな変化が
あるのではと感じています。

————————————————
2020年になくなる工務店や設計事務所の仕事
⇒ https://dtoac.com/blog/20140518/7592
————————————————

工務店・リフォーム店向け/新規客を引き寄せるVIP顧客の集め方

このレポートに書かれてある方法を試してみてください。これであなたも集客成果を変えることができます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

主に(目安:注文住宅5~10棟+リフォーム&リノベーションの安定的な受注を目指す、売上3億未満の工務店経営者向け)に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住。