住宅の仕事は2020年になくなるのだろうか?

週刊現代で取り上げられていた
「2020年になくなる仕事」が、
非常に興味深かったので、

ブログでも取り上げみました。

⇒ https://dtoac.com/blog/20140518/7592

いろんな仕事ありますが、
なくなるまででないにしても、
確実に減少はしていってますよね。

勝手に、住宅業界の今後を予測すると…

少人数先鋭のチームが
増えてくると思われます。

1社1業種にこだわらず、
関連した事業を複数展開し、
家づくりにも活かしたりできる、

レベルの高い人達が増えてきそうです。

また、異業種からの参入もありえます。

他の仕事でも、現在の仕事の先に、
「暮らし」が関連していたりすると、
「家づくり」に辿り着きそうです。

無印が住宅事業に、
手を出してきたように、

結婚式場を運営している会社も、
家づくりを始めてたりします。

資金源のある会社が、
スポンサー提携してきたり、もしくは、
買収したりするかもしれません。

なにぶん住宅事業の
ネックになるのが、

”建設業”の許可ですから・・・

これまで住宅の仕事に
携わってきて感じたのは、

住宅業界においては、
今の50代、60代が一線を退いた時、
かなり大きな変化が
あるのではと感じています。

————————————————
2020年になくなる工務店や設計事務所の仕事
⇒ https://dtoac.com/blog/20140518/7592
————————————————

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。