3Dプリンター作られた住宅は日本円で30万~50万円!?

以前、ブログでも取り上げた、3Dプリンター作られた住宅ですが、いろいろと追加情報です。

  • 1軒あたりの建築費用は日本円にすると30万~50万円ほど。
  • 人が住むには耐久性や安全面でしばらく研究が必要との事。
  • 使った原材料も建築廃棄物からリサイクルされたもの。
  • 3Dプリンターの大きさは、高さ6.6m、幅10m、長さ150mの巨大なマシーン。

3Dプリンターでつくる家の研究は、中国よりもアメリカの方が進んでいるようで、3Dプリンターでつくる家のメリットとしては、

  • 価格が安く抑えられる。
  • 工期を短くできる。
  • 廃材がでないので、環境にやさしい。

が挙げられます。

実用までもう少し時間が掛かりそうですが、いつの日か、プレカット工場が「3Dプリンター、始めました。」なんて言ってくるのではないでしょうか(笑)

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。