ライバル工務店に褒められる工務店になれるか?

サッカー日本代表のメンバーが決まり、W杯が待ち遠しいですね。メンバーに選ばれた、FW 大迫勇也選手。あまりニュースにはなりませんが、かなりいい選手です。

ライバル工務店に褒められる工務店になれるか?

大迫選手は、1990年生まれの24歳。鹿島アントラーズに入団し、活躍後、W杯イヤーの今年、ドイツの1860ミュンヘンへ移籍をしています。

日本人選手の海外組が増えたとはいえ、移籍後すぐに結果を出せる選手はまだまだ少ないのですが、2月のデビュー戦でいきなりゴールを決めると、ここまで15試合で6ゴールとキッチリ結果を残しています。

そんな彼には、ずっとある言葉がついてまわっています。それは・・・

「半端ない」

この言葉の由来は、

2008年の第87回全国高等学校サッカー選手権大会、大迫選手が所属する鹿児島城西高校と対戦し、敗れた滝川第二高校の試合後のロッカールームを撮影された時の中西選手の言葉から生まれています。

「大迫、半端ないって! アイツ半端ないって!」

悔しさの中にも称賛が込められており、若さが全面に出ていますよね。しかも、監督まで「あれは凄かった 俺 握手してもらったぞ」と褒め称えています。この動画が話題になり、「大迫選手=半端ない」と言われるようになったようです。

ちなみに、この映像の中西選手はキャラクター化され、Tシャツまで販売されています。

ライバル工務店に褒められる工務店になれるか?

現在在庫切れのため受注販売中

ライバルから褒められるだけでなく、ライバルを褒める存在になれるか。

大迫選手が、「半端ない」と言われるのは、実力だけでなく、当時の対戦相手からの賞賛が後押ししていますね。ライバルからの賞賛は、印象を上げるのにすごく効果的です。(中西選手では、レベル的にライバルとは言えないかもしれませんが。)

また、敗者ながら賞賛している中西選手にも好意的な感情を持つ方も多いようです。

あなたは、ライバルから褒められる存在でしょうか?または、ライバルを褒めることはできますでしょうか?

住宅業界でよくあるのは、お客さんを前にして、平気で「〇〇工務店は施工が悪い。」「〇〇の設計は良くない。」などと批評し、「だから、弊社がいい」と自社を勧める光景があったりします。

これは、お客さんも聞いていてあまり良い気はしません。決して「良い情報を聞いた」とはならないんですね。

なので、そうではなくて、ちょっと矛先を変え、尊敬する・見習うべき工務店や設計事務所を持ち上げ、賞賛し、「だけど自社も負けていない」という姿勢で取り組むと、お客さんと信頼性の高い接点が持てますよね。

普通、「ライバルを褒める」なんて、そのライバルにお客さんが行ってしまいそうで、こわくてできないのです。

だからこそ、信頼性が高くなるのです。

「あの工務店、半端ないって!」と、褒めてみませんか?(笑)

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。