住宅にも新しいDIY『木材×3Dプリンター』を!

既製品に3Dプリンターで制作したオリジナル部品を組み合わせる方法が、roomieで紹介されています。

mainimg26

日本のデザインファーム「TAKT PROJECT」が、新しいD.I.Y.のカタチとして、既製品に3Dプリンターで制作したオリジナル部品を組み合わせることで、全く違う用途で使用したり、より自分らしい使い方を追求する、新しいD.I.Y.のかたちを提案をされています。

TAKT PROJECT

TAKT PROJECT

『木材×3Dプリンター』の組み合わせで住宅に取り入れると面白そう!

以前紹介した、

のように、住宅でのDIYには、木材の使用率がかなり高いので、木材と3Dプリンターの組み合わせは、可能性がありますよね。

木材製品に3Dプリンターで制作したオリジナル部品を組み合わせ、全く違う用途で使用したり、より自分らしい使い方を追求するのも面白そうです。

新しもの好きな建築家は、早々と挑戦しそうですね。

材料ということであれば、すでに、木粉40%にポリマーが混ざったリサイクル木材が、3Dプリンタの材料として使用されています。

これもこれでいいですが、木材というにはパチもん感が否めませんね(笑)

肝心の3Dプリンターのお値段は?

気になる3Dプリンターの値段ですが、ヤマダ電機でも16万円~で販売中です…

3dp_main

一眼レフカメラぐらいに安くなって、いろいろなところに普及してくれるといいんですが…もう少し時間が掛かりそうですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。