住宅にも新しいDIY『木材×3Dプリンター』を!

既製品に3Dプリンターで制作したオリジナル部品を組み合わせる方法が、roomieで紹介されています。

住宅にも新しいDIY『木材×3Dプリンター』を!

日本のデザインファーム「TAKT PROJECT」が、新しいD.I.Y.のカタチとして、既製品に3Dプリンターで制作したオリジナル部品を組み合わせることで、全く違う用途で使用したり、より自分らしい使い方を追求する、新しいD.I.Y.のかたちを提案をされています。

住宅にも新しいDIY『木材×3Dプリンター』を!

TAKT PROJECT

『木材×3Dプリンター』の組み合わせで住宅に取り入れると面白そう!

以前紹介した、

のように、住宅でのDIYには、木材の使用率がかなり高いので、木材と3Dプリンターの組み合わせは、可能性がありますよね。

木材製品に3Dプリンターで制作したオリジナル部品を組み合わせ、全く違う用途で使用したり、より自分らしい使い方を追求するのも面白そうです。

新しもの好きな建築家は、早々と挑戦しそうですね。

材料ということであれば、すでに、木粉40%にポリマーが混ざったリサイクル木材が、3Dプリンタの材料として使用されています。

これもこれでいいですが、木材というにはパチもん感が否めませんね(笑)

肝心の3Dプリンターのお値段は?

気になる3Dプリンターの値段ですが、ヤマダ電機でも16万円~で販売中です…

住宅にも新しいDIY『木材×3Dプリンター』を!

一眼レフカメラぐらいに安くなって、いろいろなところに普及してくれるといいんですが…もう少し時間が掛かりそうですね。

工務店・リフォーム店向け/17種類の見込み客獲得アイデア

このレポートに書かれてある方法を試してみてください。これであなたも見込み客を獲得でき、集客成果を変えることができます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

主に(目安:注文住宅5~10棟+リフォーム&リノベーションの安定的な受注を目指す、売上3億未満の工務店経営者向け)に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住。