外材OK!解せない「木材利用ポイント」

5月29日、木材利用ポイント事務局が、対象地域材の樹種に、

  • オウシュウトウヒ(スウェーデン産)
  • オウシュウアカマツ(スウェーデン産)
  • ラジアータパイン(ニュージーランド産)

を追加すると発表しています。4月のベイマツに続いて、外国産材です(笑)しかも、国指定、なぜ他の地域のではダメなのでしょうか?解せないですね。

ポイント発行対象となる時期はまだ未定です。

追加された樹種を使用した工法が対象工法として都道府県協議会により推薦され、基金管理・制度運営委員会に認められた後に対象となります。具体的な時期等については別途お知らせします。

対象地域材の樹種及び対象工法の追加について

 

言葉の定義があいまいな住宅業界

先日の「建築」「建設」もそうですが、木材も同じように、名称の定義があいまいです。

オウシュウトウヒって聞くと、トウヒ(唐檜)で国産材のように聞こえますが、別名:ホワイトウッドと呼ばれる外材です。シロアリ大好きホワイトウッドということで、「柱は家の主」と教えてくれた国産材信仰派の70歳の先輩からは、「構造材には絶対使うな」と教わってきました(笑)

オウシュウアカマツも同じく、アカマツ(赤松)で国産材のように聞こえますが、別名:レッドウッド(レッドパイン)などと呼ばれる外材です。

木材にはそれぞれ長所と短所があるので、外材だからといって否定するものではないですが、国産材のように聞こえさせるネーミングが嫌ですね。

また、元々掲げてた地域材活用の意義を見失ってますね。

外材OK!解せない「木材利用ポイント」

映画は応援していますけどね。

外材OK!解せない「木材利用ポイント」

工務店・リフォーム店向け/17種類の見込み客獲得アイデア

このレポートに書かれてある方法を試してみてください。これであなたも見込み客を獲得でき、集客成果を変えることができます。
 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    主に(目安:注文住宅5~10棟+リフォーム&リノベーションの安定的な受注を目指す、売上3億未満の工務店経営者向け)に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住。