住宅でもやってみる?IKEAのユーモアな宣伝方法

北欧初の家具ブランド「IKEA」といえば、デザイン性の高い実用的なアイテムを、低価格で販売しており、先日、東京の立川にもオープンしました。

IKEAはデザインセンスも高いですが、それに劣らず、広告手法もユニークでセンスが高いです。「AdGang」で、『世界最大のインテリアショップ・IKEAのウィットに富んだ広告15選』が取り上げられていましたので、「これ、住宅系でも使えそう。」というのをピックアップしてみました。

100人のFacebookファンを招いたお泊まり会

イギリスのIKEAが開催した、ファンの中から抽選で100人を、IKEAの店舗で一夜を過ごすお泊まり会に招待するという、店舗での壮大な『お泊まり会』イベントです。

住宅の場合、モデルハウスなどを上手く利用しイベントと絡めて、参加者に“家をじっくりと時間をかけて”体験してもらうことができればいいですね。見てもらうのではなく、体感してもらうことが大事です。

必ずしも「宿泊」にする必要はないと思いますが、宿泊すると、他社では味わえない「夜」と「朝」を体感させることができます。

赤ちゃん用のベビーベッドの無料クーポン

住宅でもやってみる?IKEAのユーモアな宣伝方法

バレンタインデーに“仕込む”カップル向けに、生まれてくる赤ちゃん用のベビーベッドを無料でプレゼントするというクーポンです。

日本では見たことがないキャンペーンですが、子作り・子育て系って、「住まいは子どものために」と言われるくらい、本当は住宅にとって大事な要素なので、真面目に絡めていくと、若いファミリー層を囲い込めますよね。

子作り路線でいくと、お堅いところから、クレームくるかもしれませんが(笑)

地下鉄構内に、出張アパートメントを設置

https://www.youtube.com/watch?v=oMEi9vzWdug”]

パリ市内の地下鉄駅構内にIKEAの家具を持ち込んだアパートを設置し、設置されたアパート内で、6日間、5人の男女が生活するという展示です。こういうのを見るたび、「構造に絡まない内装ってこれぐらいラフでもいいのでは?」と思わせてくれます。家の中に家をつくる発想ですね。

他の宣伝手法を見ても、すばらしいと思わされるのが、商品の性能や価格を伝えているのではなく、商品があることで生まれるコミュニティや時間などを伝えていますよね。参考になります。

世界最大のインテリアショップ・IKEAのウィットに富んだ広告15選|AdGang


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

    「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。