工務店にもコピーライティングの基礎は必要!

「コピーライティング」の基礎は、住宅業界にも必要です。この技術があると、いろいろな状況おいて、かなり役立ちます。

IMG_5992-1300x866

例えば、家づくりの全体を通してみると、「最初の接触の時点から、契約、引き渡しを経て、上質な施主になる。」という仕組みをつくる上で、コピーライティングやセールスコピー、セールスライティングと呼ばれる「言葉のチカラ」が必要になってきます。対面でプレゼンや打ち合わせをするにしても、台本のようなシナリオを持っていると、かなり優位です。

ということは、

「言葉を使う」技術って、広告担当者だけでなく、営業にも活かすことができるわけです。住宅広告だと、コピーライティングのスキルが身につけば、共感を生む住宅チラシも、女性向けの住宅チラシなども、作ることが容易になります。

ですが…

「コピーライティングについて学ぼう!」

と思っても、学び方がわからないものです。色々な教材を見てみたり、セミナーに参加してみたりしても、実際に書けるようになる人は、ほんの一握りだったりします。

それもそのはず。

「コピーライティング」の原理・原則を理解しないかぎり、なかなか身に付かないからです。また、教材の製作者やセミナー講師も原理・原則を理解している必要があるからです。

 

コピーライティングの原理原則を学ぶには、どうしたらよいのか?

答えは簡単です。

長年の経験と、確かな実績を残す人物から学べば良いのです。井内もコピーライティングには、メンターがいて、ブログやメルマガなどの書き方さえも、メンターの影響をかなり受けています。コピーライティングの技術を、しっかりと身に付けるには、自分に合うメンターを見つけることです。

コピーの力で、高層マンション700戸を半年で完売!

コピーライターの著名人に、野崎美夫さんという方がいらっしゃいます。過去30年間にわたって、コピーライターとして活躍をしてきた人物です。

top_img

1年半の販売計画を持っていた高層マンション700戸を、コピーの力だけでたった半年で完売させた実績もあります。

img01

それ以外にも、ホンダ、資生堂、三井不動産をはじめ、日本を代表する超一流企業の数え切れない広告キャンペーンを手掛けられたり、サッポロ黒ラベル、AGFスティックコーヒーをはじめとする、数々の広告キャンペーンを担当する広告制作会社の経営者でもあります。

さらには、「5時間あれば、誰でもコピーを書けるようになる」と言いきっています。

近々、そのノウハウをセミナーで公開してくれるようです。しかも、「これで必ず書ける」という確信が得られない場合は、返金するという保証付きで。(セミナーの内容は下の画像をクリックしてください。外部サイトへ飛びます。)

top_mini_00

東京でのセミナーですが、コピーライティングの基礎を学びたい方は、ぜひ参加してみてください。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?