住宅の仕事がつまらない?その根源は基礎と歴史!

ペプシの面白CMなのですが、ある老人がバスケットコートに乱入し、バスケをプレイするCMです。

プレイをするも、最初はグダグダで全然ダメなのですが…

実は、老人の正体は、メイクをしていたNBAの選手というオチです。

本作は、老人は若者に比べて運動能力に劣るという暗黙知と、実はNBAのトッププレイヤーが特殊メイクしていたというドッキリをうまく組み合わせているバイラルビデオなのですが、

冒頭の言葉が印象的で、

「私は、オスカー・ロバートソンやウィルト・チェンバレンなど、本物のバスケットプレイヤーを見てきた。最近の若者は、派手なシューズなど物ばかり手に入れて、基礎的な練習をしっかりとしていない

とボヤキながら、乱入していくのです。

住宅の仕事がつまらないのは、基礎と歴史が原因?

工務店・住宅会社・設計事務所など、若い世代で『住宅の仕事がつまらない』と感じているなら、この2つが原因ではないでしょうか。

  • 基礎的な技術や知識が足りない。
  • 住宅の歴史を知らない。

この2つを満たせずに、目新しい意匠や方法ばかりに手を出していると、結局結果に結びつかず、仕事がつまらなくなります。

基礎的な技術や知識は、一日にして成らずですが、今の時代、歴史は割りと簡単に知ることができます。過去を知ることで深みを増し、未来の見ることで興味を惹きよせます。やはり本当のプロって、過去から学んでいますよね。


これを読む前に集客をしないでください!

集客したいから熱心にブログやSNSを頑張っているのに、「集客の成果が出ない」と悩んでいませんか?

ブログもSNSも使わない!ネット広告とメルマガによるWeb集客&販売の仕組みで増収増益を実現!

地方の中小企業でも再現できる成功方法を期間限定で無料公開!

ブログ投稿やSNS投稿など、無料集客に時間を費やすのではなくて、再現性が高く最も簡単で効果の出る集客方法を知りたくありませんか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

集客に時間を奪われない、高単価で高成約率の仕組みをネットを使って構築。WEBマーケティングによって、主に地方ビジネスの経営者・個人事業主に対して、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高額化し、高成約率で成約させる販売の仕組みづくりを支援しています。収入と時間の両方を手に入れ、経営者が経営に集中できたり、自分らしいライフスタイルを実現してもらうことをゴールにしています。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。