ローコスト住宅に負けるな!値下げは住宅から住まいを殺す。

もしあなたの建てている住宅が、競合と比較されて、価格で負けている。つまり、価格競争に巻き込まれているなら、今すぐ戦う土俵を変えた方がいいです。

ローコスト住宅に負けるな!値下げは住宅から住まいを殺す。

価格競争のルール=安い住宅が選ばれる

価格競争は、安い住宅が選ばれます。その土俵で戦っている以上、お金の消耗戦になるだけです。さらに、値下げについてくるのは、手元に残る現金を減らすということに直結します。

つまり、競合に勝って顧客から選ばれたとしても、売上が上がったとしても、お金が残らないのです。

インターネットにより、情報の取得が簡単になりましたが、住宅の場合、WEB上で住宅の価格を比較することはなかなかできません。ですが、相見積もりしてもらう最寄りの工務店はすぐ見つかります。そして、何社かで見積もりをとって、安いところへ依頼してしまいます。

どこで建てても同じだと感じているから、安い住宅を求める。

それが、価格競争におけるルールなのです。

その土俵で戦うのが嫌なら、価格競争から抜け出したいなら、見込み客に、「価格以外の新しい住宅の選択基準」を与える、ということです。

住宅を単なる「物売り」ではなく、あなたが住宅分野での「専門的なアドバイザー」になることです。

 

医師と患者の関係に近い?

医者は、診断してから処方します。

見込み客が抱えている症状に合わせた、住宅の明確な選択基準を与えあげて、それぞれの人にあった住まいを「処方」してあげるということです。

つまり、あなたの持っている住宅の専門知識を付加価値として、見込み客にあらわれている症状の「問題」を教えることです。

そうすれば、あなたが売っているものは商品という住宅ではなく、見込み客が抱える問題に対する解決策となる住宅。となるのです。

とあるクライアントが、「来月、契約に持って行きたいので、イベントをやろうと思う。」と言っていたのですが、これがまさにマーケティングなのです。

問題を抱えている見込み客を集めて、イベントを開催し、そこで彼らに、正しい知識を与え、彼らが抱える問題の本質を明確にしてあげるのです。そして、その解決策として「住まい」を提案していきます。

そうすれば、あなたは単なる家売りではなく、問題を解決してくれる、家づくりアドバイザーとして認知されます。認知されれば、価格競争に巻き込まれることはなくなりますし、その後もスムーズに進めやすくなります。

 

見込み客が感じる価値を高めることが必要

家の価格を下げるのではなく、見込み客が感じる価値を高めることが必要です。単に安いものを買うと失敗するということを伝えるべきなのです。

見込み客に正しい商品の選択基準を伝える。

これが必要なのです。本当の問題が何なのかを明確にしてあげて、正しい解決策に導いてあげましょう。

価格競争に負けてはいけない。ローコスト住宅に負けていけない。ライバルよりも値下げしてはいけないし、値下げした方がいいのかも?という雰囲気にも負けてはいけない。

値下げは、住宅から住まいを殺す。

 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。