住宅未経験者はザッケローニ監督の取組み方を学ぼう!

いよいよサッカーW杯が6月12日から始まります。

日本代表のザッケローニ監督は、選手としてのプロ経験がないのですが、監督として日本代表以外でも結果をだしていることで有名です。

住宅未経験者はザッケローニ監督の取組み方を学ぼう!

監督として結果を出すまで、「素人監督」と常に疑いと偏見の眼で見られたようですが、その偏見を打ち破ったザック自身が取り組んだ「2つの取り組み」が非常に参考になるので取り上げます。

 

選手としてプロ経験がない監督が、一流になれた理由

その1つ目の方法は、プロの世界である以上、何よりも結果を出すことだった。他の監督なら2位でも良いかもしれない。しかし「素人と見られているザック」は、1位にならない限り、この先はない。自分の経験に基づいて指導する監督が多い中で、逆にザックは誰よりもサッカーの研究を重ねた。飛行機に乗るお金がなく、イタリアからスペインまで車で行っては試合を「研究」したと言う。

<< 中略 >>

もう1つザックが選手から信頼を得た方法は、「郷に入れば、郷に従う」という、徹底した現場主義だった。自分が監督だからと押し付けることはせず、選手のみならず倉庫係のスタッフにまで同じように自ら話しかけ、距離を縮めチームを理解しようとした。全員を知るためにザックはグラウンドに誰よりも最初に来て誰よりも最後に帰った。そんな監督は、後にも先にもザックだけだったという。

引用元:ザッケローニ監督に学ぶ、日本が世界で戦う秘訣

その2つの取組みとは、

  • 圧倒的な研究量
  • 徹底した現場主義

この2つにつきます。

「知識を付けて、現場を体験する。」

これはサッカーに限らず、どの業界どの業種でも、初心者が取り組みべきことでもありますし、また異分野に挑戦する時にも必要なことでもあります。誰よりも最初に来て誰よりも最後に帰るなんて、誰でもできることですが、誰もがしないことですよね。

 

他のチームを決して真似るな!

また、ザッケローニ監督は、「同じ選手はいないのだから、他のチームを決して真似るな」とも言っています。

「同じ選手はいないのだから、他のチームを決して真似るな」と言う。つまり、日本にはブラジルのネイマールもアルゼンチンのメッシもいない。ではどうするか。それが、たらことスパゲッティなのだ。たらこ・のりといった日本の食材の良さを最大限活かしながら、イタリアのスパゲッティと混ぜ合わせ、新しい価値を創る。

プレイヤーは一人一人違う。ないものねだりをしても仕方がない。大事なのは過去の成功というイタリア料理に固執するのではなく、今ある和の素材をミックスしながら、現実に合うように新しく創造していくことだ。

引用元:ザッケローニ監督に学ぶ、日本が世界で戦う秘訣

ここにも住宅に活かせるヒントが隠されていますね。

「同じ選手はいない。プレイヤーは一人一人違う。」ように、同じ能力を持った人はいません。なので、競合他社がやって上手くいったことを、上辺だけ真似たところで、成功するとは限らないのです。

今できることを、現実に合うように新しく創造する。

ザッケローニ監督の哲学から学べることは、まだまだありそうですね。W杯が楽しみです。
 

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。