住宅業界のノウハウも無料の時代!?

サッカー・ワールドカップも始まり、一試合一試合が楽しみです。ブラジルワールドカップ開催期間中に、Jリーグはというと、J1が中断するのに対し、J2とJ3は中断期間が一切ないようなのです。ハードですね。

そんなJリーグの取り組みで今、興味深いのが、

ASEAN諸国に対してのノウハウ提供

です。しかも、無料で提供しているとのこと。

住宅業界のノウハウも無料の時代!?

なぜJリーグはASEAN諸国に無料でノウハウ提供しているのか?

Jリーグにとってのライバルは、プレミア・セリアA・リーガ・ブンデスなどの欧州主要リーグです。アジアではトップでも欧州と比べたら、リーグの収入は20倍以上も差があるとのこと。

後追いのJリーグが、欧州と同じことをしていては、その差を縮め、成長していくことはできないと判断したのです。

そこでJリーグが取った戦略というのが、売り物であるはずの「Jリーグが持っているノウハウ」を無料でASEAN各国へ提供するという戦略でした。元々の構想は、そのノウハウを基に、コンサルティングをして利益を得るつもりだったようですが、無料提供することに切り替えたのです。

アジアで戦わないと、欧州には勝てない

住宅業界のノウハウも無料の時代!?

現在、アジアから欧州の各国リーグには年間で総額2000億円近いお金が放送権料として支払われており、アジアと欧州の格差を、ほかならぬアジアのお金が生み出しているという歪んだ構図になっていました。

【欧州>>アジア】の構図を本気で【欧州<<アジア】に変えていくためには、同時多発的にアジア各国のサッカー界を発展させていき、欧州へ流れているサッカーマネーをアジアで還流させることがポイントになると考えました。

そこで、まずはアジアのサッカーマーケットを大きくさせ、それと同時にJリーグも成長していくような策をとることにしたのです。欧州は、「現在のアジアからいくら稼げるか」を考えているので、Jリーグは差別化のポイントとして「現在」のアジアから稼ぐのではなく、アジアを発展させ、共に成長していくという戦略をとることにしたのです。

Jリーグのノウハウ、タダで提供します!

  • Jリーグ単体では欧州には勝てないからアジア全体で戦う。
  • アジアから欧州へ流れているサッカーマネーをアジアに還流させる。

そのために、アジアサッカー全体の底上げとして、先駆者のJリーグがノウハウ提供しているのです。もちろんボランティアではなく、これからのASEAN諸国のサッカーを育てることで、目先の利益より未来の利益をとったのです。

有益性の高い情報は無料で、希少性の高い情報は有料で。

Jリーグのノウハウ提供の考え方は、対顧客の育成ということでも住宅業界に当てはまると捉えています。ハイレベルなことをしたいなら、有益性の高い情報は、どんどん公開していくべきなのです。

また、自身が得る住宅ノウハウもそうです。

今や、住宅業界のノウハウは飽和していて、結局のところ、そのノウハウをどう使いこなすか(実行するか)というところになってきています。

だから、ノウハウに高いお金は払わない方がいい。払うなら、希少性の高い実務に対して払うべきなのです。または、お金払ってノウハウに依存するのではなく、お金払って肥やしにして自分で耕したほうがいいのです。


これを読む前に集客をしないでください!

集客したいから熱心にブログやSNSを頑張っているのに、「集客の成果が出ない」と悩んでいませんか?

ブログもSNSも使わない!ネット広告とメルマガによるWeb集客&販売の仕組みで増収増益を実現!

地方の中小企業でも再現できる成功方法を期間限定で無料公開!

ブログ投稿やSNS投稿など、無料集客に時間を費やすのではなくて、再現性が高く最も簡単で効果の出る集客方法を知りたくありませんか?

 

ABOUTこの記事をかいた人

集客に時間を奪われない、高単価で高成約率の仕組みをネットを使って構築。WEBマーケティングによって、主に地方ビジネスの経営者・個人事業主に対して、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高額化し、高成約率で成約させる販売の仕組みづくりを支援しています。収入と時間の両方を手に入れ、経営者が経営に集中できたり、自分らしいライフスタイルを実現してもらうことをゴールにしています。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。