まちは教科書!JA94号『住宅地から学ぶこと』|新建築社

新建築社と言えば、「新建築」「住宅特集」「JA」「a+u」などの、近作の日本建築を紹介する建築専門の出版社で有名です。特に『新建築』は建築家の間で最もポピュラーな雑誌ですよね。

新建築社の雑誌は建築家寄りなので、このブログではあまり紹介しないのですが、JA94号『住宅地から学ぶこと』は、工務店にとっても結構参考になるので取り上げておきます。

JA94号『住宅地から学ぶこと』では、2001年以降の『新建築』『住宅特集』に掲載された住宅作品から、住宅の外観が周辺住宅地との影響関係が見られるものが選別され、収録されています。

まちは教科書!JA94号『住宅地から学ぶこと』|新建築社

JA94号『住宅地から学ぶこと』|新建築社

JA94号の特集は「LEARNING FROM THE NEIGHBORHOOD 住宅地から学ぶこと」です。

日本の住宅地に何を学ぶの?学ぶことなんてあるの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。でも、ひとつひとつの住宅が住宅地のまちなみをつくるという視点に立った時、既存のまちなみへの敬意とまちなみからの学びという姿勢は、とても重要になってくるのではないでしょうか。「まちは教科書」、そう思って住宅地を見てみると、そこにはこれまで私たちが注視してこなかった多様なデザインの手掛かりがたくさんころがっているように思えます。

今回、私たちは、その学びの方法について、建築家の手掛けた数多くの住宅の写真の中から部位の扱いや操作法にその事例を見出し、まとめるという方法をとりました。これはほんの一例ですが、本号をきっかけとして、より多くの方にまちからの学びに関心を持ってもらえたらと思っています。塚本由晴さん、乾久美子さん、吉村靖孝さん、長谷川豪さんによる書き下ろしエッセイも収録しています。合わせてお楽しみ下さい。

■目次
・エディトリアル
・住宅と住宅地
・エッセイ 建築のコモナリティ 塚本由晴
・エッセイ ふかふかした土壌としての住宅地 乾久美子
・エッセイ 非ー廃墟 劣化せざる風景からの学び 吉村靖孝
・エッセイ 住宅地のLocalとLocus 長谷川豪

JA94号『住宅地から学ぶこと』

 

日本の住宅地は興味深い

日本の住宅地は興味深いのもよくわかります。なぜなら、同じ地域に、建築家が設計した家があれば、地域の工務店が建てた家もあるし、ハウスメーカーが建てた家もあります。建売だってあります。また、新築もあれば、古い家もあるわけです。

これから建てる住宅が、既存の街並みとどう繋がるのか?どのように繋げていくのか?

地域密着を志すのであれば、心がけたい部分ですよね。

 


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。