訴求の変化!住宅も性能より使い方で訴求しよう。

この記事(杉の甘い匂いがする天然アロマミスト)を書いていて、今ファブリーズってどうなってんだ?と思い、検索すると…

こんなCMに進化していました(笑)

 

 

 

中高生の汗くさい制服やスニーカー、布製のスポーツバッグなど「恋をして初めて気がつくニオイのもとを、ファブリーズで消臭・除菌」というストーリー仕立てのCMになっています。

 

特設WEBサイト:「17才のファブリーズ」

17才のファブリーズ

17才のファブリーズ

 

性能より使い方を訴求

 

単純なドラマかと思いきや、ファブリーズの効果が浸透しきった次の戦略として、「どこで使ったらいいか?」という”使い方”を、映像の中で訴求しています。

また、WEBサイトでは、ファブポイントとして、ファブリーズを使うべきポイントも紹介しています。

ファブポイント

ファブポイント

消臭剤も類似品が多数出ていますし、いつまでも同じように性能や効果だけで訴求しているだけでは、消費者に対して、競合他社との差が伝わりにくいのです。だから、ちょっと視点を変えて、”使い方”に目を向けているのです。

 

これ、住宅業界にも当てはまりますよ・・・

 

住宅の性能では差がでない!?

 

耐震性・耐久性・断熱性などの住宅の性能で、他社と差を付けようと思っても、思うように差がつかないのが現状ではないでしょうか?

結局、大体が同じ商品や同等品を使ってますからね(苦笑)これでは、一般の方に伝わるほどの差がつくわけがないのです。

自分たちが思っている以上、差は伝わってないのですから、いつまでもそこで勝負していたら、疲れるだけです。

 

住宅を使うチカラが求められてくる!

 

これからは上記の例の様に、住宅の”使い方”の訴求が必要になってきています。

住宅の使い方を訴求するには、住宅をつくるチカラも大事ですが、提案をするあなた自身にも、使うチカラ・使いこなすチカラが必要なのです。つまりは、

 

住宅を使うチカラ・使いこなすチカラ=暮らし方

 

ということです。魅力的な暮らし方を提案できるぐらい、住宅を使いこなせていますでしょうか?

住宅を使うチカラ、つけていきたいですね。これからの家づくりに間違いなく必要なチカラです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。