『365日のシンプルライフ』の提案!モノとの付き合い方を見直させよう。

8月に興味深い映画が公開されます。

『365日のシンプルライフ』

『365日のシンプルライフ』の提案!モノとの付き合い方を見直させよう。

映画『365日のシンプルライフ』

『365日のシンプルライフ』というフィンランドの映画です。

サブタイトルに、

「これは、あなたとモノのストーリー あなたのモノから あなた自身が見えてくる」

とあるように、人生にとって本当に大切なモノは何だろう?ということを考えさせてくれる映画です。

フィンランドからやってきた「人生で大切なもの」を見つけ出す365日の物語なのですが、およそのストーリーはこちら。

ヘルシンキ在住・26歳のペトリは、彼女にフラれたことをきっかけに、モノで溢れ返った自分の部屋にウンザリする。ここには自分の幸せがないと感じたペトリは、
自分の持ちモノ全てをリセットする”実験”を決意する。ルールは4つ。

  1. 自分の持ちモノ全てを倉庫に預ける
  2. 1日に1個だけ倉庫から持って来る
  3. 1年間、続ける
  4. 1年間、何も買わない

1日目は、空っぽの部屋から倉庫まで、全裸で雪のヘルシンキを駆け抜ける。こうして始まった365日の“実験”生活。毎日、倉庫からモノを1つ選ぶたびに、「自分にとって今、必要なモノは何か?」を考える。そんな中で、モノに反抗したくなったり、逆にモノが恋しくなったり、気持ちは日々変化していく。

「必要が満たされた時に、人はモノに何を求めるのか?」
「モノを買わないと決めたのに、直すより買った方が安い。どうしたらいい?」
「何のために、自分はたくさんのモノを持っていたのか?」

といった無数の問いと葛藤が、ペトリを襲う。
優しい相談相手であるおばあちゃん、兄を心配して食料を差し入れてくれる弟、文句を言いながらもモノの出し入れや修理を手伝ってくれる友人たち、新しく出会ったアウトドア好きなガールフレンドなど、様々な人々との関わりの中で、「自分を幸せにする、人生で大切なものは何か?」の答えを、ペトリは見出していく。

『365日のシンプルライフ』

映画『365日のシンプルライフ』予告編(8/16公開)

人生で本当に大切なモノを見つけ出す映画

自分の持ちモノ全てをリセットする実験ルール4つが面白そうですね。

  1. 自分の持ちモノ全てを倉庫に預ける
  2. 1日に1個だけ倉庫から持って来る
  3. 1年間、続ける
  4. 1年間、何も買わない

予告編を観るとわかりますが、「服まで預けるのかよっ!」と突っ込みどころもあり、面白く観れそうです。

また、本編の中では、

  • 『何が本当に必要かは自分で決めないとね』
  • 『持っているモノの多さで幸せは計れない』
  • 『人生はモノでできてない』

などの、心に響く名言もたくさんでてきそうです。

『365日のシンプルライフ』の提案!モノとの付き合い方を見直させよう。『365日のシンプルライフ』の提案!モノとの付き合い方を見直させよう。

公式ホームページでは、

観るだけでは終わらない“自分ごと”映画

ペトリは、毎日「自分にとって必要なモノ」を考えながら、倉庫から1つずつモノを選んでいく。自分のモノを一旦預けて、その中から選んでいくという行為は、過去の自分を否定せず、未来の自分につなげていくこと。その中で生まれてくる「幸せになるために、人生で大切なものは何か?」という問いが、自然と観る者に投げ掛けられ、ふとモノと自分の関係性を考えてみたくなる。この映画は、観るだけでは終わらず、“自分ごと”としていくことに醍醐味がある。

『365日のシンプルライフ』

と意味づけられていますし、

事前の試写会などでは、「モノを持つ意味を考えさせられる映画」などと、前評判が高いようで、

  • 自分のまわりにあるモノは、自分を幸せにしているのか?
  • 1日に1個だけ倉庫から持って来るなら、自分だったら何を選ぶのか?
  • 自分の家にあるたくさんのモノはなぜ買ったのか?
  • そのモノは、いつ使っているのか?
  • 他のモノで代用はできないのだろうか?

など、自分とモノとの付き合い方を見直すキッカケを与えてくれる映画と評判で、

断捨離のやましたひでこさんも感想を寄せています。

モノは、私の味方でもあり、私の敵でもあって。
モノは、私を応援してくれもするし、私を損ないもする。
モノは、私を演出して高めてもくれて、私を蔑みもする。
さあ、どんなモノたちと共に過ごそうか、その時々に。

やましたひでこさん(断捨離)

暮らし方=モノとの付き合い方

『暮らし方』という抽象的な言葉を構成している意味のひとつに、「モノとの付き合い方」があると捉えています。

日本では、収納というテーマは売れ筋の定番でありことから、他の国に比べると、モノとの付き合い方が下手なのかもしれません。

ただ、最近問題視されているのは、「収納ネタが飽和状態」ということ。

これからは、「どう収納するか?」「どう整理整頓するか?」より、「なぜモノが増えるのか」や「どうやったら増やさないようにできるのか」という、

もっと根本的な”シンプルに暮らす”ための考え方が必要になってきています。

家づくりは、モノとの付き合い方を見直すいいキッカケ

モノも収納も少ない方が、住宅もコストダウンしやすいのは明らかなのです。だから、建主から「収納が足りない」と言われた時、言われた通り収納を増やす前に、

”モノとの付き合い方”を見直すことを提案したほうがいいです。

家づくりは、モノと関連していて、建主にとっても大きな出来事ですから、モノとの付き合い方を見直すいいキッカケだと思っています。

モノと自分の関係を、しっかりと捉えることができると、自分らしい暮らし方というものが明確になってきます。

だからこそ、”モノとの付き合い方”を提案していきませんか?フィンランドのシンプルなライフスタイルが、この映画を通じて、観た方の暮らしを豊かにするヒントを与えてくれそうですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。