なぜネットの話だけでないのか?

以前、失敗パターンのひとつに
こんなことを書いています。

—————————————————–
工務店ノウハウが失敗!上手くいかない理由とは?
⇒ https://dtoac.com/blog/20140622/8633
—————————————————–

掛けられるお金や、
人材の質・量が違うため、

大手のマネをしてはいけない
という内容です。

もう一つ、よくある失敗に、

「過去の成功方法をマネしている」

というパターンです。

時代が変われば、
方法(やり方)は変わります。

高度成長期の時のやり方と、
今のやり方では全く違いますよね。

だから、

昔この方法で上手くいったから、
今も上手くいくだろう。

と思っていると、
大きくコケたりします。

でも、よくよく捉えると、

やり方が違うだけで、
本質は変わっていないんですよ。

方法(やり方)が今の時代に
合っていないだけなのです。

「不易流行」という言葉があるように、

変化しない本質「不易」の追求と、
時代の変化「流行」への対応を

見極ることが大事なんでしょうね。

井内が「インターネット成功戦略」と
掲げておきながら、

それ以外の部分を掘り下げて、
あれこれ書いているのは、
本質を追求したいからです。

ネットは、あくまでも
ツールに過ぎないと思っていて、

それをしっかりと使いこなすには、
本質が大事だと
捉えているからなのです。

例えば、

ライフネット生命の出口会長や、
「俺の~」の坂本社長が、

高齢ながらも新事業で
成功しているのは、

ノウハウ(方法)よりも、
もっと大事な本質を
掴んでいるからですよね。

奥深いです…

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。