大事な話を聞いてもらいたいから、その前にやるべきこと。

昨日、久しぶりに会った知人から
こんなことを言われました。

彼は、10%の増税前には家を建てたいと、
漠然と考えているみたいなのですが、

「家のことってどうしても後回しになるんだよなぁ…」

とのこと。

確かに、

一般の方は、毎日毎日、
家をどう建てたらいいなんて、
考えてませんよね。

漠然と、将来、
家を考えている人も同じです。

家の仕事をしているわけでもないし、
他にやらなきゃいけないことが
たくさんありますから、

どうしても、家の話は、
後回しになります。

家の話は、大事ではあるんですが、
ちょっとむずかしい話でもあります。

「間取りはこう考えたほうがいい」
「ローンはこう考えたほうがいい」

お客さんのためになる話を、
聞いてもらいたくても、

その時になって、切羽詰まらないと、
なかなか真剣に聞かなかったりします。

だから、

その時が訪れた時、
近くにいる存在かどうかで、
結果が大きく変わってきます。

よほど、強烈な何かがない限り、

遠くの恋人より、近くの何たら…です(笑)

近くにいるための接点を持つには、
興味を持ちやすい身近な話から、
入っていくことだって、ありえるのです。

例えば、

杉の甘い匂いがする天然アロマミスト
⇒ https://dtoac.com/blog/20140628/8743

味気ない模型を賑やかに!遊び心をくすぐるテラダモケイ
⇒ https://dtoac.com/blog/20140705/8888

ブランド子供服の切り口は破壊力抜群!「CarryOn」
⇒ https://dtoac.com/blog/20140705/8910

といった、

暮らしを豊かにする、
アイテムやサービスを紹介することも、

大事な家づくりの話を聞いてもらうための、
必要な情報だと思っています。

「無用の用」という言葉がありますが、

こんな情報、作り手目線で見たら、
家づくりに直接関係ないので、

役に立たないと
思われているかもしれませんが、

実際は大きな役割を
果たしているのではないでしょうか。

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。