OB宅を資産にするにはモノだけでは足りない!

OB宅を資産にするか。負債になるか。

OB宅を資産にするか。負債になるか。

20140708b

新建ハウジングで、OB宅(オーナー宅)を資産にするか。負債になるか。をテーマに長期優良経営のためにできることを考えるセミナーが開催されます。

OB宅を資産にするか。負債になるか。

 

OB宅は資産にすべき!

 

やはり、OB宅が資産になる方がいいです。

ただ、当セミナーで挙げられてるような、瑕疵や耐久性などのモノ目線は、最低限必要です。

でも、それだけだと、正直限界があります。

 

本当の資産とする上で目を向けなければいけないのは、住宅というモノではなくて、住まい手というヒトですからね。

そこまで視点を持っていかないと、口コミは生まれないし、コミュニティもつくられることはないですよね。

 

住まい手である施主が自主的に勧めてくれてたり、見学会や取材に協力してくれたり、コミュニティをつくってくれたり・・・

そうなることで、利益を生む資産となるわけです。

モノじゃない…ヒトですね。

 

そこに目を向けて、取り組んでいかないかぎり、一生、資産にはならないでしょう。

1 個のコメント

  • この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

    【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

    ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

    【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

    『注文住宅3.0』とは?

    【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

    『家づくりの仕組み』とは?

     

    ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。