住宅の答えには『使わない』という選択肢もある。

世界各国から賞賛されているタイのテレビCMが、すごくシンプルでわかりやすいです。

 

ダイジェストはこんな感じです。

赤ちゃんが鳴き始めてしまい

赤ちゃんが鳴き始めてしまい

どうしていいかわからず慌てる夫

どうしていいかわからず慌てる夫

奥さんは外出中。お腹がすいてるんだよ。アニメを見せたら?と伝えます。

奥さんは外出中。お腹がすいてるんだよ。アニメを見せたら?と伝えます。

赤ちゃんにアニメをみせます。

赤ちゃんにアニメをみせます。

カメラ通話で話しかけます。

カメラ通話で話しかけます。

泣きやみません。

泣きやみません。

iPhoneを置き、赤ちゃんを抱きかかえます。

iPhoneを置き、赤ちゃんを抱きかかえます。

置かれたiPhoneから見えるのは、

置かれたiPhoneから見えるのは、

赤ちゃんを抱きかかえる夫

赤ちゃんを抱きかかえる夫

赤ちゃんは泣き止みました。

赤ちゃんは泣き止みました。

 

やはり、テクノロジーはあくまでも道具・ツールです。それらをどう使いこなすかで、答えが変わってきます。

ここでは、”使わない”という選択肢が、ぬくもりを実現させています。

 

 

住宅を通じて、家族をぬくもらせるにはどうしたらいいか?

この課題があっての、建てる”住宅”の答えが出てくると思っています。

 

耐震性?耐久性?断熱性?意匠性?機能性?低コスト?

どれも所詮、ここで言う、道具です。ツールです。

これらをどう使いこなすかで、答えが変わってきますね。もちろん、”使わない”という選択肢もあります。

 

こちらでも書きましたが、

答えは人に属しています。決して、モノではないのです。

 

 

それにしても、タイってCMが上手いですね。以前も別の映像を紹介しましたが、ぐっと引き込むストリーの使い方が上手いです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【読者アンケート】今後の情報発信の参考にしたいので、あなたの情報を教えていただけると嬉しいです。

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。