ショールームには突出したコンセプトが必要!

このアンテナショップ、良さそうですね。「PIANTA×STANZA(ピアンタスタンツァ)」

ショールームには突出したコンセプトが必要!

個人の部屋やホテル、店舗などを対象に植物を用いて室内空間をプロデュースするグリーンインテリアブランド「PIANTA×STANZA(ピアンタスタンツァ)」は、ブランドコンセプトである「大自然と暮らす」をリアルに体感できるショールーム兼アンテナショップを、2014年7月25日(金)、東京・茅場町にオープンする。

「大自然と暮らす」ということをコンセプトにし、それが体感できるショールーム兼アンテナショップというのは、自然が足りない都会ならではの切り口ですよね。地方だと、「外出れば、自然だらけだよ」と突っ込まれたりします(笑)

ですが、植物を暮らしの中に上手く取り入れるHow toは、都会であれ地方であれ、ほしいところですね。

 

ただ商品を展示しているだけのショールームは廃れる…

年々、ショールームというカタチが廃れていく中、上記の例は、グーリンインテリアのショールームとしてコンセプトを前面に押し出して、見る人来る人をグッと惹き込みますよね。

住宅業界においても、ショールームは廃れていっています。

なぜなら、建材やら設備やら、商品をただ展示しているだけだからです。そして、普通のショールームに行ったところで、営業マンに営業掛けられるだけで、うっとおしいだけです(笑)

お客さんからしたら、家をすぐ建てたいと思っていない限り、行くメリットが感じられないのです。

つまり、見込み客が来ない…だから、廃れていくのです・・・

ショールームは、モデルハウスを建てるより費用は抑えやすいのに、不思議としっかりと作りこんでいないところがほとんどです。

本来、ショールームを構えるということは、見込み客として囲い込むのに、かなりの武器になるのですが、手間を掛けないため、ショールームを使いこなせていないのです。

「ここ行ったら、家づくりのヒントが得られるかも?暮らしのヒントが得られるかも?」

家族が揃う休日に、地域のアミューズメント施設より、ショールームに行ってみたいと思わせることができるかどうか?

これからのショールームには、この辺りを、突出したコンセプトを掛けあわせて、作りこんでいく必要がありますね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。