キッチンに人が集まると料理以外のものが生まれる!

住宅とはあまり関係ないですが、フードコーディネーター・SHIORIさんと、ブロガーで作家の、はあちゅうさんこと伊藤春香さんの、キッチンを使ったイベントが非常に興味深いです。

SHIORI☓はあちゅうのクリエイティブキッチン!

場所はSHIORIさんのアトリエ「L’atelier de SHIORI」。キッチンがいい感じに素敵ですね。

内容は、

レシピ本「作ってあげたい彼ごはん」シリーズが累計340万部を突破している人気フードコーディネーターのSHIORI(29歳)と、新刊「恋愛炎上主義。」(ポプラ社)が好評のブロガー・作家のはあちゅう(28歳)が、プライベートで何度もご飯を重ねるうちに、「同じ20代の頑張る女性とつながるイベントを開きたい」と企画した少人数制の限定セミナー第一回。

これまでに3000以上のレシピをつくりあげてきたSHIORIと会社員を続けながら、連載を9本持ち、オンラインとオフラインで発信をし続けるはあちゅうが自身の「クリエイティブ」について、語る初めての試みです。

何もないところから、どうやって仕事を得ていったのか。
日々、たくさんのレシピやコラムのネタをどうやって考えるのか。
自分ならではの強みを自己分析すると何だと思うか。
挫折やターニングポイントはいつで、どうやって乗り越えたのか。

などなど…
普段のイベントではなかなかお見せ出来ない
素や本音を盛り込んで、普段の二人のまんまでお話します。

SHIORI×はあちゅうのCreative Kitchen(クリエイティブキッチン)

ということで開催されたようです。

ブログを拝見していてわかるのが、

キッチンという場所も、同じ方向性の方が集まると、コミュニティが生まれる場所になる

ということです。

 

この記事にも似たようなことを書きましたが、ただ置いてあるキッチンには何の価値もないということです。

住宅においてキッチンとは、主婦がこだわりたい場所でもあります。

キッチンもただ単に料理をつくる設備としてなら、ここまで重宝されてこなかったはずです。料理以外にも生まれる何かがある場所だからこそ、料理をする人達にとって欠かせない場所になっている気がします。

キッチンの活かし方を知ると、集客や見込み客との信頼関係を築くことにも役立ちますよ。

 


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。