WordPressには「.com」と「.org」の違いがある!

集客ブログには、「WordPress(ワードプレス)が良い!」と薦めていますが、WordPressには「.com」と「.org」の違いがあるのはご存知でしょうか?

WordPress.com と WordPress.org の違いです。実は、似ているようで大きく違います。

 

 

WordPress.com と WordPress.org の違い

 

その違いを、WordPress.com 日本語フォーラムにかかれていた内容がわかりやすくまとまっていますので、引用しておきます。

インストール型(WordPress.org)

WordPress.org は、無料のオープンソースブログ・CMS ソフトウェアです。WordPress.org を使えば、テーマやプラグインをインストールしたり、サイトに広告を入れたり、PHP のソースコードを変更したりできます。

WordPress.org から誰でもソフトを無料でダウンロードできますが、動作させるには Web サーバーへインストールする必要があります。Web サーバーを使うのは無料でない場合がほとんどです。WordPress のソフトを自分で運営するのは楽しいしやりがいがあります。一方、自分ですべてやらなければいけないという責任もあります。もしサーバーの管理に失敗した場合、ブログをすべて失ってしまう事もあるかもしれません。

WordPress.org では、ブログソフトウェアのダウンロード、コミュニティサポートフォーラム、ドキュメンテーション、テーマやプラグインが無料で利用できます。

レンタルブログ(WordPress.com)

WordPress.com ではソフトをダウンロードしたり、サーバーの費用を払ったり、サーバー管理をする必要はありません。WordPress.com に登録してブログを作成したら、

matt.wordpress.com

のような URL のサイトがもらえます。ユーザーにはソフトやデータベースの管理権限・FTP やシェルのアクセス権は与えられず、PHP テーマやプラグインをアップロードする事もできません。セキュリティ上の理由により、JavaScript や CSS の追加・変更も制限されています。WordPress.com でできる事を一言で言うなら、「すべて無料でブログを作れる」ということです。

<< 中略 >>

WordPress.com では、自分でブログをホスティングしなくても高度な機能を使えるよう、有料アップグレードも提供しています。こういったアップグレードはオプションとなっています。ベーシックなブログはいつでも無料で利用できますし、無料の基本機能にも随時新しいものを加えていってます。

つまり後者の、WordPress.comの方は、「livedoor Blog」「はてなブログ 」「アメーバブログ」と同じように、レンタルブログということです。

井内も使ったことがありますが、制限も多く、これが結構使いづらいのです・・・だから、こちらはおすすめしていません(笑)

wordpress.com

wordpress.com

 

お薦めしているのは、WordPress.orgの方

もう一つの、WordPress.orgというのはソフトウェアです。「何か」にインストールして使うソフトと同じなので、しかも、WordPress.orgそのものは無料のソフトです。

その何かというが「サーバー」になります。サーバーをレンタルして、そこにWordPress.orgをインストールするのです。

井内が「WordPress(ワードプレス)がいい」と薦めているのは、こちらなのです。

 

 

サーバー会社もWordpress.orgを薦めている

 

最近では、WordPressの人気から、サーバー会社も簡単にインストールできるよう、かなりサポートが充実してきています。さらには、ドメインの取得までわかりやすく誘導してくれています。




井内も上記のエックスサーバーを使用し、ワードプレスを運用しています。ドメインの取得も最初はここからしました。

エックスサーバーでサーバーを借りて、ドメイン(dtoac.com)を取得して、ワードプレスをインストールして、運用している。という流れですね。

慣れてくれば、ドメインの追加などは、お名前.comの方で取得してもいいでしょう。

 

 

メリットだけではなく、デメリットももちろんある

 

上記にも書いているように、誰でもソフトを無料でダウンロードできますが、動作させるには Web サーバーへインストールする必要があります。サーバーに無料はまずないので、有料を使うことになります。

WordPress を自分であれこれ運営してカスタマイズすることは、楽しいですし、やりがいもでてきます。

しかしその一方で、全ては自己責任という認識も必要となります。もしサーバーの管理に失敗した場合、変にWordPressのプログラムをいじってしまった場合、ブログをすべて失ってしまう事もあるかもしれません。井内も変にいじってしまい、管理画面にログインできなくなったことがあります(笑)

とはいえ、失敗を恐れずあれこれしてみて、正しい運用方法を身につけるのが、一番の近道だと思いますよ。

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。