世界で通用する日本の片付け術!

以前も取り上げましたが、片付け関係のプロには、

家事塾、元祖「捨てる!技術」の辰巳渚さん
http://tatsumi-nagisa.com/

ダイワハウスと組んでいる近藤典子さん
http://www.hli.jp/

断捨離のやましたひでこさん
http://www.yamashitahideko.com/

片づけの魔法の近藤麻理恵さん
http://konmari.com/

がいらっしゃいます。

書籍のベストセラーでは、上記の方々の著作、

が有名です。

 

日本は、収集家と買いだめ好きの国民がいる国

クーリエ・ジャポンVol. 118 ・2014年9月号の片付け特集が面白そうです。

courrier_jp

著書『人生がときめく片づけの魔法』が、今年4月に英国で英語版として出版されたのを気に、イギリスの有力紙「タイムズ」東京支局長のパリーさんが、こんまりさんを取材した内容です。

ただのインタビューではなく、こんまりさんがパリーさんの東京の自宅を訪ね、実際に片づけのレッスンをし、その体験記が記事になっています。

日本の「片づけの女王」が我が家を訪ねてくる。きれい好きなパートナーのおかげで整理整頓されていると思っていた家の中が、何だかひどく散らかっているような気がしてきた。そして、やってきた近藤さんのレッスンを受けてみると、そこには確かに“魔法”があり、身の周りだけでなく、人生を変える契機になるように思われた……。そんなパリーさんのリアルな体験記は、ぜひ記事でお読みいただきたいと思います。

日本の片付け術がイギリス人に通用していますね。

スペースの都合で誌面に盛り込めませんでしたが、元記事では近藤さんの人気の背景を、「外国人はよく、日本人は石庭や美しい盛り付けの寿司の伝統を持っていることから、本来きれい好きなミニマリストに違いないと考えている。しかし、それは違う。日本は、収集家と買いだめ好きの国民がいる国なのだ」と述べています。その上で、近藤さんが5年間、神社の巫女さんとして働いた経験があることに注目し、「こんまり流片づけ術」には日本的な清らかさと秩序の美徳が反映されているのではないか、と分析しています。

英国人記者をときめかせた「こんまり」さんの片づけ術

”日本は、収集家と買いだめ好きの国民がいる国”

・・・ぴったりな言葉ですね(笑)

日本の小さな暮らし方と片付け術のノウハウは、世界レベルだと思うのですが、自分の国でなかなか活かせてない現状もありますよね。

”30坪必要だと思い込んでたところを、27坪でも十分に暮らすことができる”

こういった導きができる人って、作り手としては頼もしいです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者に役立つ
  • ・お金のブロックパズル
  • ・利益を出すためのフローチャート
メルマガご登録者に、木造建築工事業(工務店)の黒字企業の経営指標(参考値)を当てはめた、ブロックパズルとフローチャートを差し上げています。


ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。
 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。