日本の片付け術は世界で通用する!

日本の狭い土地において、

”30坪必要だと思い込んでたところを、27坪でも十分に暮らすことができる”

そんな暮らし方が実現できるなら、
かなり重宝します。

それには、設計力も必要でしょうが、

大事なのは、住まい手の
物との付き合い方だと思っています。

片付け・収納問題は、今や、

物が余りだした日本にとって、
永遠の課題になりつつありますね。

なぜ永遠の課題かというと、

どう収めるかという、テクニック派が多く、
本質が解決されてないからです。

そもそも、

物との付き合い方を
変えないかぎり、

暮らし方って、
なかなか変わりません。

家を建てるときって、

普段悩みで抱えている、
物との付き合い方を
見直すいい機会なんですよね。

大量の物を抱えながら、
「この家、狭い」と言われたって、

「その前に物を減らせよ」と
言いたくなります(苦笑)

本当は、日常の中で、
解決できればいいのでしょうが、

なにぶん、学んできてないので、
出来ないものなのです。

こういうのって、暮らす上で
すごい大事なことなのに、
学校では教わらないんですよ。

ダンスよりも大事なこと
だと思うんですけどね(笑)

世界で通用する日本の片付け術が、
日本で浸透してないのも残念な話ですね・・・

⇒ https://dtoac.com/blog/20140807/9445


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。