締切間近!「女性のクリエイティブライフ部屋」のデザインコンペ

ablecompetition

エイブルによる、若手デザイナー発掘を目的とした空間デザインコンペティションです。

募集テーマは「女性のクリエイティブライフ部屋」。

24㎡のワンルームを、音楽、ファッション、デザイン、アート、フードなど、趣味やクリエイティブライフを最大限楽しめる部屋のデザインを募集。さらには、そこに住む女性像(年齢、職業、趣味など)を設定して、「住む人」と「住む部屋」の親和性やストーリーなども審査の対象となるようです。

 

テレビ番組「TOKYO DESIGNERS WEEK.tv 茂木健一郎の発想の種」と連動していて、クリエイティブプレゼンテーションコーナー「THE PRESEN」内にて、入賞者による模型&作品のプレゼンテーション審査、そして、審査通過者2名によるTOKYO DESIGNERS WEEK2014での実物大展示、来場による一般投票審査を行い、グランプリを選出するとのこと。

 

審査員は、トラフ建築設計事務所の鈴野浩一さん、

鈴野浩一(建築家)

鈴野浩一(建築家)

番組審査では、エイブルの代表取締役社長・梁瀬 泰孝氏、番組MCの脳科学者・茂木健一郎さん、アーティスト・清川あさみさんらが審査に参加。

 

 

工務店で、趣味やクリエイティブライフを活かす部屋をデザインできる?

ワンルームの発想って、一見、戸建ての注文住宅とは、関係なさそうに見えますが、寝室だったり、個室だったりに活かすことができるんですよね。

ただ、こういったノウハウを注文住宅に活かす場合、施主とのコミュニケーションやデザインセンスも必要です。

例えば、子どもがある程度大きい家族の子ども部屋の提案も、ただ机とベッドと収納があれば良いってものではありません。

昨年のプレゼンテーションを見ても、普通の工務店とは着眼点が違いますね。

 

昨年の番組プレゼンテーションの様子

 

 

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。