中学生レベルの文章で十分に集客できる!

もうすでにブログやメルマガを書いているという方、あなたの文章、専門用語や業界用語などが入ってないですか?

業界に精通したあなたにとっては「当たり前」の言葉でも、一般の人からすると「何それ?」って思う言葉はたくさんあります。

中学生レベルの文章で十分に集客できる!

 

わからない言葉を調べてまで読まない

 

ネットで集客したいと思っている方でも「SEOがどうたら、コンバージョンがどうたら」という言葉を知らない・わからないという方がいるのと同じで、住宅にも該当する言葉がありますよね。「乾式注入」「壁量」など…

ブログを読んでいて分からない言葉が出てきたからって、わざわざ調べてまで読む人はいません。分からない言葉が出てきたら、その場で読むのをやめたり、飛ばしたりします。

どの程度の単語から専門的なるのかは、メインターゲット層から考えておくことも必要ですし、ブログを書いたら、必ず難しい言葉が入っていないか、チェックしてみてくださいね。

もし、どうしても専門用語が必要になる場合は、最初にその単語の説明をするか、説明しているサイトへリンクを貼っておくといいですね。

 

 

体験談などの具体例を用意する

 

住宅系ブログであれば、単に家づくりのことだけでなく、インテリアや本のレビュー記事も書くことができます。そいうった内容は、とても参考になるため、重宝されます。

ただ、内容の要点だけをまとめ、感想を書いて、オススメするのではなく、

  • どのようにその商品や本を知ったのか?
  • 使ってみる前・読んでみる前の印象は?
  • オススメしたい理由とは?
  • 類似品と比べた感想は?

なども交えて細かく書いていくと、さらに説得力がグンとあがります。

 

 

文章構成の基本をおさえておこう

 

文章を書く上で、構成を考えることも必要ですが、その構成にはいくつかあります。
その中でも簡単なのは、

  • POINT(結論)
  • REASON(理由)
  • EXAMPLE(具体例/証明)
  • POINT(再結論)

という順番で書くと、文章の説得力を増しやすいです。(PREP法と言われています。)

 

例えば、オリジナルキッチンの紹介文章を書くと仮定して、セールスの文章にあてはめると以下のようになります。

 

POINT(結論)

このオリジナルキッチンは、人気があります。

REASON(理由)

なぜなら、「キッチンいても、家全体を見渡すことができ、しかもカフェのようなデザインでおしゃれ」だからです。

EXAMPLE(具体例/証明)

このオリジナルキッチンだと、オープンなつくりをしているため、キッチンで料理や洗い物をしていても、家全体を見渡すことができ、リビングにいる子どもたちにも目を配ることができます。しかも、有名なデザイナー・〇〇氏のデザインで、素材には木材を使用しているため、カフェのようなナチュラルな雰囲気も持ち合わせています。

POINT(再結論)

だからきっと、このオリジナルキッチンは、カフェ好きなあなたのキッチンスタイルを満足させることでしょう。

 

例なので単調な文章になってしまいましたが、この順番で書くと、自然と説得力が増しやすい構成になり、高い反応を得ることができやすいのです。

 

 

文章の表現力が中学レベルと言われようが構わない

 

上記の点を意識して、文章を書いていけば、文章の表現レベルが中学生並みと言われようが関係ないわけです。

小説や論文を書いているのではなく、わかりやすく伝える事のほうが大事なのですから、文章レベルをこんな風に罵倒されれようが、構いません。

中学生レベルの文章で十分に集客できる!

© タイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名: 佐藤秀峰 サイト名: 漫画 on web URL: http://mangaonweb.com/

参考にしてみてください。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。