住宅におけるシズル感って何?

昔、あるカメラマンに
教えてもらったのが、

飲食の撮影は「シズル感」が大事。

ということ。

シズル感とは、

食欲や購買意欲を
刺激するような

食品の活きの良さや
瑞々しさと言った
「おいしそうな感じ」のことです。

写真、映像(CM)などでも
よく見かけますよね。

これって、簡単に言えば、
視覚や聴覚といった
五感に訴えかけているんですよね。

視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚

この感覚って、
住宅にも取り入れるべきです。

簡単に取り組みやすいのは
視覚で、写真ですね。

⇒ https://dtoac.com/blog/20140817/9768

ぱっと見て、「おっ!」「いい!」と
心を動かす写真があると、

チラシ、ホームページなど
使いまわすことができるため、
かなり重宝します。

他には、

家の音
家の感触
家の味(空気)
家の匂い

などになってきます。

五感に訴えるって、

家を建てる決め手には
ならないかもしれませんが、

衝動を起こすキッカケにはなりますよね。

まずは視覚から。

⇒ https://dtoac.com/blog/20140817/9768

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

【ブログ読者アンケートにご協力いただけると嬉しいです。】

ご入力いただいたメールアドレスに、不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。メルマガ解除後の再登録についてはこちらをご覧ください。

【家づくり『注文住宅3.0』とは?】

『注文住宅3.0』とは?

【提案する『家づくりの仕組み』とは?】

『家づくりの仕組み』とは?

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

あなたにしかできない世界観のある家づくりを始めよう!そして、家を楽しむことを提案しよう!建材メーカー主導のモノの価値を訴求する家づくりではなく、「暮らしをモノで豊かにしようするのではなく、暮らしを精神的に豊かにする。」そんな考え方です。