1回より3回伝える方が良い!

同じことを3回言われると、
イラッとしますよね(笑)

DMでも同じのが3通来たら、
「間違いか?」を思ってしまいます。

でも、マーケティングの話では、

可能性の高い人達にダイレクトに
3回にわたって届けることで、
DMは最大の効果を発揮する。

と、言われています。

例え、1回だけ情報を伝えたとしても、

受け取るタイミングが合わなかったり、
受け取っても頭に入っていなかったり、
他の情報で忘れられてたり・・・

なんてことの方が
確率からして高いのです。

だから、

1度ではなく、複数回伝えることが
必要とされます。

だけど、全く同じだと
やはり違和感があります。

でも全部を書き換えて、改めて
同じテーマ、内容で書くなんて
無理な話です。

なので、

本文を見てもらう導入部分を
変えればいいのです。

同じテーマ、内容かもしれないけど、
それを見てもらうための、
導入部分の表現をちょっと変えるのです。

例としては、井内の
ブログ、メルマガ、Facebookページが、
それに近いですね。

⇒ https://www.facebook.com/dtoac

ブログ記事をメルマガで紹介するにしても、
ブログの文章と全く同じ言葉では
書いていないのです。

ちょっと視点を変えたり、
掘り下げたり、多少の変化を付けています。

先日始めたFacebookページも、

たまには他の人が書いた
記事をシェアすることもありますが、
そのような使い方になりそうですね。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。