住まいのリスクは、住まい手自身でコントロールできる?

今、広島では土砂災害で
大変なことになっており、

被害に遭われた方々には、
心よりお見舞い申し上げます。

震災などの天災が起きるたびに、
仕事柄いつも思ってしまうのが、

持ち家のあり方について。です。

それは以前、福島行った時も
感じたことでもあります。

⇒ https://dtoac.com/blog/20140426/6866

市場では資産にはならない住宅を、
あれこれこだわってつくり、

高いお金をギリギリでローン組んで、
何十年と払い続けてたら、

天災で壊され、なくなっていく・・・

こんな状況下をみていると、これから先、
わざわざ家を建てる意味があるのだろうか?

という、仕事上のモヤモヤ感が
貯まっていくわけです。

そんな中で、こういう方のブログを
読むと、勇気づけられますね。

その方を取り上げています。
———————————–
縁のないマレーシアへ家族で移住!
⇒ https://dtoac.com/blog/20140824/9893
———————————–

久々にこういったライフスタイルも
いいなぁと思いました。

ワクワクしながら暮らしたいという気持ちは、
どこで暮らすにも必要なんですよね。

もちろん、

何に住もうが、どこに住もうが、
それなりのリスクはあるわけですが、

そのリスクは、できるかぎり自身で
コントロールできる方がいいわけです。

持ち家の場合のリスクって、
どうでしょうか???

住まい手自身でコントロール
しやすいものなのでしょうか?

そういったリスクを
隠すのではなくて、

わかりやすく明確にすることも、
作り手側はしていってほしいですね。

おこがましい発言かもしれませんが、

住宅業界って、住宅ってモノに、
執着しすぎなのかもしれませんね(苦笑)

では、またメールします。

・追伸

昔、上記のような、
おこがましい発言してたら、

業界の年配の方々から結構
怒られましたが気にしてません(笑)

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。