15代目リハウスガールは誰?歴代のリハウスガール一覧

「三井のリハウス」のCMに出てくる美少女は、「リハウスガール」と言われており、CM出演後にブレイクする人も多いことから、若手女優の登竜門的な存在となっています。

「三井のリハウス」のCMは思春期の娘がいる父母向けのCMであり、娘が成長したため住み替える、という設定である。中学生や女子高生役が多い。1987年に宮沢りえが初代リハウスガール「白鳥麗子」役で有名となり、以降多くの著名女優を輩出している。新人あるいは売り出し中のタレントを起用する傾向がある。(wikipedia

その「リハウスガール」として登場した女性芸能人の中で、今もっとも活躍していると思う人がランキングになっていました。

Q.「三井のリハウス」のCMに登場したリハウスガールの中で、今もっとも活躍していると思う人は誰ですか?

1位 蒼井優(10代目:2002年~2004年)……35.1%
2位 宮沢りえ(初代:1987年)……27.2%
3位 川口春奈(13代目:2009年~2011年)……17.5%
4位 夏帆(11代目:2004年~2007年)……4.8%
5位 池脇千鶴(8代目:1997年~1999年)……4.0%

※単一回答式・6位以下は省略

2位は“宮沢りえ”、1位は? 「三井のリハウス」のCMに登場したリハウスガールランキング!|エンタメ総研

 

歴代のリハウスガール一覧

共演している人も含めると、有名な女優さんが結構多いです。

  出演年 氏名
初代 1987年 宮沢りえ
2代 1988年 森沢和美
3代 1989年 茅野佐智恵
4代 1990年 坂井真紀
5代 1991年 – 1992年 一色紗英
6代 1993年 – 1994年 藤谷文子
7代 1995年 – 1996年 建みさと
8代 1997年 – 1999年 池脇千鶴
9代 2000年 – 2001年 義煎恵理
10代 2002年 – 2004年 蒼井優
11代 2004年 – 2007年 夏帆
12代 2007年 – 2009年 山下リオ
13代 2009年 – 2011年 川口春奈
14代 2011年 – 山本舞香

共演

  • 井上真央 – 8代リハウスガール池脇千鶴の妹役
  • 宮崎あおい – 9代リハウスガール義煎恵理の姉役?妹役?友達役?
  • 杉本友莉亜 – 11代リハウスガール夏帆の姉役

 

CM動画、拾ってみました

全てではないですが、Youtube上にあったCM動画をリンクしています。

初代 宮沢りえVer.

 

2代目 森沢和美Ver. 7:14~7:19

 

5代目 一色紗英Ver.

 

7代目 建みさとVer.

 

8代目 池脇千鶴&井上真央Ver.

 

9代目 義煎恵理&宮崎あおいVer.

 

10代目 蒼井優Ver.

 

11代目 夏帆Ver.

 

12代目 山下リオVer.

 

13代目 川口春奈Ver.

 

14代目 山本舞香Ver.

 

以上です。

「思春期の娘がいる父母向けのCM」としての娘の設定というのは、不変的な関係性ですし、わかりやすいですよね。住宅系のイメージCMとしては印象によく残っています。

それにしても、人選の目があるというか、後に有名になった方が多いですね。リハウスガールの過去をみると、長くても任期が4年ぐらいなので、そろそろ15代目に切り替わりそうですかね???

 

2016年9月1日追記

先日、始まった新CMに登場している田辺桃子さんは、公式的な発表もないので、15代目リハウスガールではないようですね。

15代目新リハウスガールは田辺桃子?リハウスグランマで樹木希林?

2016年9月1日

 

 

 

追伸:工務店経営者の方にお知らせです。

【10月31日開催】基礎となる経営のシンプルな法則を知り、土台となる商品やサービスの質を高めませんか?

参加した工務店経営者の声
今ではたくさんのコンサル会社がいろいろなセミナーをやっている時代、どれを聞いても同じようなセミナーで、言っていることはだいたい同じ、特に共感できるところもなく金儲けでセミナーをやっているとしか思えないようなセミナーばかりでした。そしてある程度規模の大きい工務店、地場ビルダーを対象にしたセミナーが多いことでした。でも以前より何回か井内さん、出口さんのセミナーを受けていますが、とても分かりやすく中小工務店(年間棟数20棟程度まで)を対象にした問題点を取り上げてくれています。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    井内智哉

    設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。