同じことでも、仕掛け方ひとつで結構変わります。

PR

流行りのアイスバケツチャレンジ、
建築家の隈研吾氏も氷水を被ってますね。

⇒ https://dtoac.com/blog/20140826/10006

氷水には賛否でていますが、

氷水という印象強い
パフォーマンス内容を、

映像とSNSが後押ししていて、
広まり方にはすごい勢いがあります。

ALSの認知度も一気に上がりました。

ただの寄付だとここまで
広まらなかったことを考えると、
仕掛け方って、重要ですね。

仮に、氷水をかぶらなくても
「あの○○がアイスバケツチャレンジを拒否した!」
って感じで話題になりますし。(武井壮さんとか)

次にこのチャレンジを
受けてもらいたい人物を
2人から3人程度指名する。

というところなんて、

なんだか、昔流行した
チェーンメールや不幸の手紙を
思い出しますが、

この手の手法、良いように使えば、
良い効果が出るってことですよね。

ただの寄付という行為に、
周りを巻き込むという仕掛けを加えることで、
こうも変化するとは・・・

勉強になります。

⇒ https://dtoac.com/blog/20140826/10006

PR
 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。