工務店・設計事務所はブログのタイトルを疎かにしすぎ!

ちょっと挑発的なタイトルですね(苦笑)

ブログをしている多くの工務店・設計事務所は、ブログのタイトルを疎かにしているところが非常に多いですね。記事内容はいいことをしっかりと書いていても、タイトルが「えっ?」と思うようなものだと、見てもらえるチャンスを失ってしまいます。

検索からやってくる場合、その検索結果を見ようと思う、キッカケの多くを占めるのは、間違いなく「タイトル」なのです。

工務店・設計事務所はブログのタイトルを疎かにしすぎ!

検索すると、タイトルと抜粋分が表示される。

「どの記事をみるかはタイトルで決める」という方は、かなり多いです。だから、タイトルはしっかりと考えて書く必要があるのです。

 

タイトルの基本となる考え方

タイトルの基本となる考え方はこれです。

その書いた文章、一文で表すとしたら何と表すか?

意外と、タイトルを読むだけでおよその内容が把握つきそうな方が、中身の記事を読まれやすいのです。

よく見かけるダメなパターンは、「上棟!」とか「今日は…」とか、

名詞の一句、動詞の一句だけといったものです。あまりにも名詞と動詞が少なすぎるのです。

「上棟」とか、「地鎮祭」とか、1語で終わらすのではなくて、1文で表すなら、「どこで誰が何をした」という構成に当てはめてもいいわけです。

  • 「〇〇県〇〇市で、本日K様邸が上棟しました!」
  • 「〇〇県〇〇市での地鎮祭後、K様と記念写真を撮りました!」

この書き方は、記事内容が報告系なので、新規集客へ向けた記事というよりは、既存客へのアプローチに近いですね。

タイトルを読むだけで、およその記事内容が把握できる一文を考えてみてください。

 

また、「最高の」「これまでにない」「究極の」などの修飾語は、最近胡散臭く感じやすいため、乱用は避けたほうが良さそうです。

タイトル見ただけで、「つまらなさそう」だなって思うのって、たいてい似たり寄ったりしています。つまりは全然考えられてないってことです。

工務店・設計事務所はブログのタイトルを疎かにしすぎ!

タイトルは文章と同じぐらい、いやそれ以上の頭を働かせて考える必要があるのです。

 

ブログタイトルはキャッチコピーみたいなもの

タイトルって、商品やサービスの「価値」を伝える時のキャッチコピーみたいなものです。商品やサービスの「価値」を伝える時、キャッチコピーを付けた方が伝わりやすいですよね?

なので、さらに読み手が、気になったり興味を持ってくれそうな言葉などを入れて考えると、より効果的になります。

例えば、希少性や限定感、かんたんさや気軽さ、インパクトや特別感、流行や新しさなど、そんな意味を示す言葉がブログのタイトルに含まれてたら、きっと読まれるブログになりますよね。

本文をしっかりと書いたなら、それと同じぐらい、いやそれ以上しっかりと考えて、タイトルを書いてみてください。タイトルの付け方、こちらも参考してもらえたら幸いです。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

    「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。