見積もりで大事なことって何でしょう?

住宅系の見積もりソフトって、
ちょいちょい新しいのが出ますよね。

⇒ https://dtoac.com/blog/20140909/10604

正直、仕事柄、使わないので、
どれがいいのかわかりません(苦笑)

20代の頃、とある建築系会社の
見積もりの初期バージョンの実験に
関わらせてもらったことがあるのですが、

「やれ単価がどうだ、
やれ拾い方がどうだ」と、

こういう見積ソフトを
絶対に信じない人います(笑)

ですが、

精密な見積ソフトが、

受注を取る上で、
必ずしも必要かといえば
そんなことはなくて、

昔出会った、
ある工務店の専務は、

企画住宅として、
標準的な仕様をベースにして、
建物の基本金額を決めておき、

仕様変更はオプション価格でいくら、
間仕切り壁の追加はメーターいくら、

そんな感じで淡々と金額を弾き出し、
契約していました。

専務曰く、理由は、
「わかりやすいほうがいいでしょ?」
ってことでした。

たしかに住宅の金額って
何年たっても、
わかりにくいままですよね。

見積もりソフトは、
あくまでもツールです。

頼る頼らない以上に、

「わかりやすい住宅のつくり方」って
今後必要なキーワードだと思っています。


メールマガジンにてお伝えしています。

収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中でき、豊かなライフスタイルが過ごせる“ひとり社長”を実現するメルマガ

 

ABOUTこの記事をかいた人

主に地方の“ひとり社長”に対して、集客はもちろんのこと、商品販売/商品企画/プロモーション/情報発信などのサポートをし、自社や商品・サービスの価値を最大限引き出し、高収益化&高成約率できる販売の仕組みづくりを支援しています。ゴールは、収入と時間の両方を手に入れ、本業に集中できたり、豊かなライフスタイルを実現してもらうことです。

「建築家との家づくり」「ハウスメーカー創業者による新事業」などの事業に携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。2013年6月より、住宅業界専門のマーケティング会社として独立。2014年10月~2015年3月まで業界新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。工務店や建材メーカーの支援以外に、小規模事業者の経営者向けに経営・ブランディング・集客などを支援。2017年に東京から南房総に完全移住し、場所や時間にとらわれない自由な働き方を実現。