住宅ローン「まずは銀行へ行く」時代ではない!?

自分でローンの借り入れ先を探して決めた人は「金融リテラシー」が高い、業者から紹介されて選んだ人は5年先のローン変動について曖昧な認識

SBIモーゲージ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:直海 知之)と、総合情報サイト「All About」を運営する株式会社オールアバウト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:江幡 哲也)は、1都3県在住で3年以内にローンを組んで住宅を購入した30代~50代の男性636名を対象に、住宅ローンに関する調査を共同で実施いたしました。今回は対象者を「自分で探した金融機関でローンを組んだ人」と、「不動産業者などから紹介された金融機関でローンを組んだ人」に分け、両者の傾向を浮き彫りにしました。

d6567-12-338413-0

【オールアバウト、SBIモーゲージ共同調査】 「住宅ローンに関する調査」を発表

特徴としては、

■自分で住宅ローンの借り入れ先を探して選んだ人は、業者から紹介されて選んだ人よりも”金融リテラシー”が高いことが明らかに

■自分で探して選んだ人のうち、特に30代は「金融機関」だけではなく「住宅購入経験者」や「Web、書籍」などからも情報を収集

■自分で探して選んだ人は「繰り上げ返済ができるかどうか」、「トータルの返済額」などを考慮して借り入れ先を決定し、半数以上が満足していると回答。業者から紹介されて選んだ人のおよそ3人に1人が「業者に勧められたから決めた」と回答

■自分で探して選んだ人の15%が今年4月の消費増税でローンの借り換えを実施。業者から紹介されて選んだ人の約3割が5年後のローンの変動について曖昧な回答

という傾向があるようです。

SBIモーゲージ

 

 

まずはネットから!ネットで申し込む人も「金融リテラシー」が高い?

 

住宅ローンも数社まとめて一括審査がありますね。



楽天銀行は来店不要!



借り換えだって、まずはネットで申し込み




 

家づくりに気をとられて、住宅ローンは知識のない営業マンに「お任せ」すると痛い目にあいます(笑)たとえちゃんとした営業マンに任せるにしても、少しでも勉強をして自分で知識をつけたり、探してみることも必要ですね。

反対に、お金のところがしっかりしている方は、信頼が増しますよね。

 

 

工務店経営者向けのメールマガジンをお届けしています。

下記フォームよりご登録頂いたメールアドレスに、工務店経営者向けの不定期メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。不要な場合、いつでも解除できます。




この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。