意外と簡単!書く作業を分ければブログも続けられる!

「ブログって書き続けるのが難しい」と言われる方は多いですね。三日坊主でいつの間にかほったらかししている方もいると思います。

たしかに、「書く」作業って時間は掛かるし疲れるし、他の仕事と比べ、後回しになりがちです。

というわけで、ブログを書き続けるための方法のひとつを取り上げてみます。

tubinno1_1280

 

書く作業のどこに時間がかかるのか?

 

例えばこのブログだとひとつの記事を書く時に、

  1. 何を書くかを決める
  2. 文章を考え、書く。
  3. 画像を入れる。
  4. タイトルを決める
  5. 内容を読み返す。

といった感じで、何気に時間がかかります。

 

やはりある程度の時間が掛かる以上、こういった一連の作業は、「仕事」であると捉えてほしいのです。

片手間でやるとレベルが低くなるのは間違いありません。また、モチベーションも上がりません。

ブログは書き続けることが、最も結果にも結びつきやすいことですので、「書くのに時間が掛かるから止めた」ということは非常にもったいないです。

続けるためには、まずは、「作業を分割」することにしてみてはいかがでしょうか?

 

 

1日の作業負担を減らす

 

まずは、1日にする作業を少なくしましょう。そうすることで負担も減ります。なにより1日の負担が減れば、掛ける時間も少なるなるので、モチベーションも保ちやすくなります。

「書くのはちょっと・・・」という方は、一日で書き上げるより、作業負担を減らし、続けることにシフトした方が、ストレスも少なくてすみます。

 

なので、

  1. 何を書くかを決める
  2. 文章を考え、書く
  3. 画像を入れる
  4. タイトルを決める
  5. 内容を読み返す

という作業を、

1日目 2日目
何を書くかを決める 文章を書く、画像を入れる
文章を考える タイトルを決める
チェックする

長々とした作業も、2日3日に分けてしまえば負担が楽になります。

 

 

作業内容を見直して効率アップ

 

ひとつの作業内容を細かく上げていくと、何をすべきかがわかりやすくなります。

そして、ひとつひとつの作業の簡単に出来る・やりやすい方法を見つけて、負担が軽くしましょう。

 

例えば1日目の作業だったら・・・

1日目  内容
何を書くかを決める
  • 事前にどういうテーマで書こうかいくつか考えておく
  • 思いついたことや気になったことは、日頃をブックマークやメモをとっておく
文章を考える
  • 結論(POINT)
  • 理由(REASON)
  • 具体例/証明(EXAMPLE)
  • 再結論(POINT)

という構成で考えてみる。参考:文章構成の基本

文章を考えるのを2日に分けてもいいかもしれません。「なんとなくこんな構成で・・・」程度で十分です。

 

続けたいけど、続けられない人には、自分自身に合ったやり方が必要ですね。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。


 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。