2010年に紹介された年商8億円・集客コスト200万円の工務店ブログ集客

ネットで工務店関係をあれこれ検索していたら、懐かしいセミナーを発見しました。2010年6月に開催されたセミナーの告知文です。

2010年に紹介された年商8億円・集客コスト200万円の工務店ブログ集客

注目したいのは第1講座でも第3講座でもなく(笑)、右上の第2講座のWEB事例です。

 

WEB事例:ホームページとブログで大幅な集客コストダウンが実現 ~年商8億円、集客コスト200万円の工務店の紹介~

 

住宅業界に起こる化学変化を先取る!住宅クラウドセミナー【東京】

工務店・設計事務所向け「住宅クラウドセミナー」を全国で開催します。業界初のクラウド型住宅CAD実演、入会金・年会費の早割りキャンペーン等見逃せない発表を予定。参加費は無料。是非お申込下さい。住宅金融支援機構1F すまい・るホール

□プログラム

(1)基調講演
住宅業界の情報処理コストの現状と情報イノベーション
~ 住宅業界50年の反省と改革の進め方 ~
(一財)住宅都市工学研究所 理事長 三澤 千代治
(2)Web力:事例発表
ホームページとブログで大幅な集客コストダウンが実現
~ 年商3億円、集客コスト200万円の工務店の紹介 ~
昭和建設有限会社(愛媛 八幡浜)  取締役 氏間 貴則
(3)住宅クラウド事例
工務店情報化コストを削減、生産性を高める「住宅クラウド」の展望
~ クラウド型CADのデモ、早割りキャンペーンの紹介 ~
(一財) 住宅都市工学研究所 ICT研究部長
住宅クラウドコンソーシアム設立準備室  室長 北上 義一

http://www.kenchikukenken.co.jp/event.cgi?event=1274774627

 

第2講座のWEB事例の内容は、

愛媛県の昭和建設の当時取締役(現在・代表取締役)氏間貴則さんによる、ブログを使った自身で行った集客方法でした。

当時、紹介されてたブログはこちらです。

2010年に紹介された年商8億円・集客コスト200万円の工務店ブログ集客

昭和建設旧ブログ

 

今では使っている方をあまり見かけなりました”楽天ブログ”です。2010年当時でも古臭かったのを覚えています(苦笑)

お話されてたノウハウをまとめると、すごくシンプルな内容だったのを覚えています。

  • 現場レポート
  • 使う素材など特徴
  • 施工例
  • イベントなどの告知・報告
  • 研修や普段の仕事の様子
  • プライベートなこと

こういった内容を定期的に更新し、充実した文章と写真を使い、発信していったというものです。旧ブログをご覧いただくと内容の充実さがわかると思います。

昭和建設旧ブログ http://plaza.rakuten.co.jp/showwakn/

これから家を建てたいを考えている人がほしい情報も取り込んでいますよね。

 

無料ブログなので、広告がチラチラしますし、見栄えもよくありませんが、それ以上に内容をしっかり書かれているため、良い反応が出たのでしょう。

今現在は、ライブドアブログに移行されています。

http://onlyone.blog.jp/

 

これだけのブログをしっかり書けるなら、自社ブログに切り替え、導線を整えた方がもっと効果が出るんですけどね・・・もったいないです。

 

 

家を建てたい人に届けるべき本質は変わらない

 

全体的な話になりますが、4年経った今、改めて見ると、デザインの良さとか読みやすさとか導線とか、その辺りの技術的なところは、圧倒的に進歩しています。例えば、格安で簡単に自社ブログがつくれたりとか。

ですが、これから家を建てたい人達に届けるべきコンテンツ(内容)はたいして変わってません。

だから、やるべきことはわかりやすいはずなんですけど、それでもできていない工務店・設計事務所は圧倒的に多いです。

この記事が気に入ったらシェアいただけると嬉しいです。


工務店経営者の方はメルマガにご登録ください。

(※工務店経営者以外の方は、Twitterをフォローをください。その方が役立ちます。)

ご入力いただいたメールアドレスに、メールマガジン『イエコトバ』をお届けいたします。工務店経営者向けのセミナーや勉強会のご案内など、一足先にお知らせいたします。登録・購読は無料です。不要な場合、いつでも解除できます。

また、メルマガに登録された方には、「お金のブロックパズル&利益を出すためのフローチャート」をプレゼントしています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

井内智哉

設計事務所勤務時に、建築家ネットワーク会社・アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)とのコラボしたブランド住宅「AROS」の全国展開に宣伝・広告として携わる。ミサワホーム創業者の三澤千代治氏の新事業・200年住宅「HABITA」の立ち上げから携わり、宣伝・技術・営業・企画などの経験を積む。後に全国の地域工務店200社以上を束ねる住宅のフランチャイズ事業にまで成長。その後、デザイン住宅を軸にした注文住宅の事業「ソラマド」の全国展開に携わる。WEB集客やコミュニティの構築、関東・東海地域の市場開発、提携工務店への研修など、年間150棟ほどの住宅設計のマーケティングサポートを行う。また2013年1月、同社にて新規事業のDIY・リノベーションを提案するお店を立ち上げる。2013年6月より、住宅業界専門のネットマーケティングコーチとして独立。工務店フランチャイズ本部や同業他社とも連携し、地域工務店のサポートや研修などを経て、年間棟数20棟未満の小規模工務店の経営者向けにノウハウやコンテンツを提供している。2014年10月~2015年3月まで日本住宅新聞にて、歴代最年少執筆者として連載。